新着Pick
281Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さすがアメリカと言っても良いかと思います。

日本では検査検査と世論を賑わせており、テレビに出る専門家も正しい意見を言えていないようです。

検査をするからには感染を疑っている必要がありますが、検査結果の理解は下記になります。
 検査陽性: コロナウィルスと診断
 検査陰性: コロナウィルス疑い(感染を否定できない)

つまり感染の可能性がある方は、監視または隔離をして拡散させないようにするしかないのです。検査は症状がある方に対して診断のために行われるもので、感染を否定するためには使えないことが重要なポイントです。

アメリカの対応はこれを反映させたものであり、無駄な検査は有害な安心と有害な不安と経済的損失を生むだけです。
米国でも、日本国内同様「なぜ早く検査をしないのか?」という声が各メディアから上がっています。

米国CDCも、検査の提出に、日本と同様一定の「基準」を設けているからで、検査の限界を考えると現実的な判断だと思いますが、国境を超えても同様の視点での反応が見られることは興味深いところです。

カリフォルニアでは、海外渡航歴のない、初の国内感染例を示唆するケースが出たことで、一層不安と緊張が高まっており、少し前の日本と同様の状況に置かれていると思います。今後の舵取りは、後追いとは言え、日本にとっても参考になるかもしれません。

参考: https://www.nytimes.com/2020/02/27/health/coronavirus-testing-california.html?referringSource=articleShare
カリフォルニアはこれだけ中国との行き来があるので、感染がないわけないと思っています。初の「感染源不明」の患者が州都サクラメントに近いUCデイヴィスの病院で見つかりましたが、つまりすでに軽症や無症状の感染者はきっとそのへんにいたのだと思います。
まさに今カリフォルニアのサンフランシスコ国際空港にいます。出国手続きを抜けるとマスクをしている人はほぼおらず、アジア人の私がマスクをしているとジロジロ見られます笑

空港の外はどんな様子かは分かりません。一部耳を疑うような報道もあるので、偏見も含め気をつけていきます。
米国には380万人以上の中国人がおり、その中でも最大の州はカリフォルニア州だ。人口における中国人比率ではサンフランシスコがトップだ。検査機能が強化されるにつれ、どうしても感染者や死亡者の拡大報道は確実に増えてくる。但し、同時に感染からの回復者の数や比率の報道にも目を向けるべきだろう。冷静さが何より重要な局面。
アメリカ人は、風邪には無防備な人が多いです、特にカリフォルニア州。
マスクを一般市民が街中でしているのは、少なくともロサンゼルス郡では、滅多に見かけません。

だから、もうコロナウイルスはカリフォルニア州にいるよね⁉️と、日本人の友人達は随分前から言っていました。
アメリカはインフルエンザが大流行した後だけに、新型コロナウイルスを拡散させたくないでしょうね。
しかし、アメリカでは中国や韓国が行っているような、徹底的な対策は難しいと思います。
アメリカはやりすぎると人権問題になってしまいます。
CDCがないからダメなんだ!何やっとるんだ!っていう人たちの目が覚める。