新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやいや、小中高休みなら出勤できない保育士いっぱいいるでしょう。社会はみんな絡み合い支え合ってる。共働き家庭は一斉に阿鼻叫喚。共倒れ待ったなし。
保育所は共働き世帯が多い前提なので、預け先がないと、親の就労に直結します。なので、対象外にしたのはやむを得ない判断だと思いますが、保育所であっても、リスクがないわけではありません。
学校、教育現場だけを止めればいいという話ではなく、まずは経済活動のどこを絞るか・・・というのを先に決める問題ではないでしょうか。最優先されるのは人の命に関わる部分。それを支える人たち。

政府は経営サイドと対話したのだろうか? 経営者が自社の社員の休暇や仕事量を見直し、人的資源を社会にリソースを拠出しなければいけません。

これは「一律」対応ではなく「緊急事態にどうリソースを選択集中させるか」という課題です。

経営者は自社の目標を見直し、リソースを集中させ、現場の仕事を見直してほしい。2週間止まっても、会社の存続に長期に影響がない仕事はどこでしょう? どこまで社会にリソースを拠出できるでしょう? 会社が今までと同じタイムスケジュールで動き続ける限り、他の部分だけを絞るのは無理です。

そして、経済的な打撃に対しては当然財政出動が必要。非正規で経済的打撃を被る方達などを中心に、財政的支援が必要です。
「何よりも、子どもたちの健康・安全を第一に考え、多くの子どもたちや教員が日常的に長時間集まることによる大規模な感染リスクにあらかじめ備える」というのが小中高を全国一斉に休校する判断の言葉。

この言葉を前提に保育所は休園を要請しないということは、園児は「子どもたち」の対象外であるということでしょうか。

一斉休校するということは、全てを止めて抑えるということだと理解します。何も園児の親だけが大変なわけではない。そして小学生よりも園児の方が罹患しにくいというエビデンスがあるわけではない。

本当に今回の要請は理解に苦しみます。
共働きの親に考慮って、全面休校となる小学校低学年の子を持つ共働き家庭はどうしたらいいんでしょう?

非常時に決断をするのはリーダーの仕事なので、一定の理解はしますが、ツッコミどころ満載でなんとも歯痒い…
娘の園からは自宅でみれるならみてほしい、預かり時間の短縮も考えてほしいとゆるやかな相談ありました。一斉休校で保育士の先生方にも影響が出始めるからでしょう。保育園の開園もどこまで続けられるか?不安はつのりますが、みんなで協力しながら自分たちにできることを粛々とやっていくしかないですね…
特に対応が必要なのは一人で留守番させにくい小1〜3年生のいる共働き世帯ですね。ざっと全国に200万世帯弱くらいあるはず。中でもフルタイムに近い共働きはそのうちの100万世帯程度かな。都市部に多いはず。千葉市や大阪市のようにその層だけでも受け入れる対応はあるべきでしょうね。
保育所が休園しないのもリスクではありますが、働く家庭の場合、とてもありがたいことだと思います。ただ、小学校のお子さんはどうすればいいのか?ここも大きな問題ではあります。
大変かとは思いますが、よろしくお願いします。