新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どうして日本企業の発想は、自分たちの手間をお客さんにやらせる発想なのだろう。Amazon Go Groceryが最近シアトルで実験開始をしたが、入店時にスマホをかざす以欲しい商品を取ってそのまま店を出るだけ。日本の小売の発想のスタートはどうしても人件費削減が先に来てしまっているのが残念でならない。
夕方のスーパーは、レジに大行列ですからね。

レジに並ばないための施策
     +
セルフレジの設置コスト削減

というアイデアなのでしょうけれど…


ちなみに、
刑法上、過失窃盗罪は存在しないので、
レジ打ちを誤ってしまっても直ちに処罰されることはありません。

しかし、ミスを装って持ち出せば当然犯罪が成立しますし、
ミスに気付いたのにそのまま放置しても
責任を問われる場合がありますので、その辺りの運用が難しいですね
どうせなら、自分のスマホで出来るようにして欲しいですね。

お客様がこのようなテクノロジーを受け入れるのかどうかがカギだと思いますが、受け入れやすい環境を整備する必要があると思います。

お客様の買物は売場と、店員、これからはデジタルデバイスとの融合が不可欠。

買物にストレスフリーは存在しないので、適度な快適さ、お得さと、お客様とのインタラクションのバランスを如何に構築するかが、新しいリアルにおける買物体験になると思います。
万引き予防は気になる所ですが、何らかの形でスキャンした商品とカート内の重量を計量すれば、現在のアナログな技術でも万引き予防はできるように思います。いわゆる重量検品。知りませんけど、どうするんでしょうね?

レジレスの形態としては、Amazon Go よりこちらの形式の方が多分主流です。Kroger, walmart, Tescoなども、ビデオを使った画像認識タイプのテストは多分やってませんが、Scan and Go形式はどこもテストでやっているはず。なので、この形式が欧米や中国に比べて、遅れているわけではないように思います。Amazon Goは、技術的にも資金的にもAmazonだから出来る事だと思っています。

毎度思うのは、Amazon Go から多分みんな離れたほうが良いかも。多分あれは、ゼロからAmazonが作るからできる事。フツーは無理〜。

多分、イオンのこれも言うほど悪くないですよ。専用端末でやるので、エラーも少ないでしょうし、ふつーに使えるはず。ふつーに使えることが1番。斬新でなくても、合格点に行けば良し。
レジ打ちって書き方が誤解を招きそう。バーコード読み取りなので、基本的に金額間違いは無くて、二重読み取りや読み取り忘れによる数量の誤りはあるかもしれない。

ローソンのスマホレジは、個人のスマートフォンを使用して、スキャン~決済まで出来る。イオンがスキャンと決済で専用端末を使うのは、幅広い年齢層に使ってもらうのと、現金対応のためだと思いますが、その必要がないなら個人のスマートフォンで問題ない。

イオンの「レジゴー」がもう少し進んだら、ウォルマートの「Fast Lane」みたいにバーコードを読み取らせて、通過するだけになるのだろうか。

Amazon Goと比較しての批判が多いけど、イオンの客層は高齢者も含まれていて、スマートフォンを持てない、設定できない人も多い。無駄に入り口を狭めるよりは、多くの層に対応出来る手段を選択するのは間違っていないと思う。
Amazon Goみたいに多額の費用を掛けて、店舗に専用のカメラを設置する必要がない。短期間で設置、準備が出来る。

Amazonとイオンは違うのだから、色んな方法があって良い。
レジの行列に並ぶこと考えるとずっと便利になると思います。

否定意見多いですが、スーパーで実際げんなりするくらいの行列を見たら絶対喜んで使うと思う。こんな方法でも少しずつ進化してるんだから応援したい。
イオンリテール株式会社(英語: AEON RETAIL Co., Ltd.)は、日本の大手流通グループ「イオングループ」に属する、本州と四国で総合スーパー(GMS)およびスーパーマーケット(SM)の「イオン」などを運営する企業である。 ウィキペディア
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
3,201 億円

業績