新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
検査について議論される際には、ぜひまず検査の意義や限界についての理解を確認していただいた方がいいように思います。

検査陽性=感染確定
検査陰性=感染否定

のように単純に理解されている方もいらっしゃるようですが、本当にそうでしょうか?

この解釈は、インフルエンザ流行の際にも全国的に起こり続けてきた初歩的で大きなミスです。

厚労省の対応に疑問を抱かれるのは自然だと思いますが、まずは正しく理解できているか、立ち止まっていただく必要があるように思います。日本の検査体制の拡充には私も異論はありませんが、その前提にまず正しい理解が必要と思います。
安心のためには、いつでもどこでも検査できることが大切です。「私はウィルスではない」というフランスで暮らすアジア人のツィートが話題になりましたが、感染症拡大の時は「証明書」が意味を持ちます。古くはエイズ、そしてO157の時も、いわれのない差別が起きました。そのためにも、検査体制は充実させてほしいです。きょうの厚労大臣の答弁はなかなか理解されないと感じました。
検査のキャパシティの問題は、保健所のマンパワー不足と手続きの煩雑さがボトルネックになっている感じはあります。

ただ、達成するべき目標は「死者の発生を最小限に食い止める医療態勢の構築」であり「検査する数をひたすら増やすこと」ではありません。目標を達成するために「必要な人が必要な検査を受けられる状況」を整える必要はあります。検査体制の整備はあくまで手段であり、目的と手段を混同してしまうと、あらぬ方向へ向かってしまいます。

また、検査の陰性が感染していないという「証明書」にはなりません。偽陰性が多い検査だからです。感染しているのに検査で陰性の人(偽陰性)が、陰性だからといって出勤して感染を広めるということもあります。

こちらの記事も合わせて御覧ください。
https://newspicks.com/news/4667343
自民党、野党のどちらもコロナについての正確な情報提供ができていないのが問題だと思います。

私なりにコロナの危険度を(感染力×致死率)を考えてみました。

①感染力:インフルエンザ並みの感染力
一人の患者がうつす人の数は2~3人。これはインフルに近いと言われています。
インフルの感染者数が年間1000~2000万人といわれているので、感染対策をしないとコロナもその程度まで広がってしまう危険性がある。これはとても重要な点です。

②致死率:通常インフルエンザの10〜100倍?
2%という報道もありますが、これは中国だけの数字。中国も湖南省以外の致死率はすっと少ない。中国以外の国の0.2%を妥当な数字とする記事もありますが、今後軽症患者が表面化してくるともっと下がる可能性もあるでしょう。
素人の推測ですが、0.1%程度ではないかと思う。ただし70歳以上の高齢者に限るとその10倍(1%程度)にはなるでしょう。
この数字はダイヤモンドプリンセスで感染された600人の方の内4名の高齢者が亡くなったことともほぼ合致します。

<インフルエンザとの比較>
通常のインフルの致死率は死亡診断書概念で0.0001%、超過死亡概念だとその約10倍(0.001%)なので、コロナの致死率は「通常インフルの10倍から100倍」とも考えられる。

一方、SARSは約9%、MERSは34%、エボラ出血熱は50%なので、これらと較べるとコロナの致死率(0.1%)は圧倒的に低い。

以上から考えると、コロナについては以下のように理解するのが正しいのではないかと思います。

SARSやMERSのような「かなりの確率で死ぬ」という病気ではないことはしっかり伝えるべき。
ただし、「ちょっと強いインフルエンザ」と言い切るのも危険。罹ったらインフルよりかなり死ぬ。
もしインフル並みに感染者が広がると「家族、親類も含めると数%の確率で死者が出る」程度の危険性がある。

その意味でも、感染者を増やさないことが最大の課題であり、イベント自粛や在宅勤務等の動きは決して「過剰な対応」ではない。
PCR検査についても感染源を見つけて隔離するという意味では早急に検査体制を拡充すべきだと思います。

※文章内の数字は素人計算です
説明と書くか釈明と書くかで随分印象が変わりますね…

検査云々についてはこちらをまずは見るのがよいかと思います。

「新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理の専門家に聞きました」
https://newspicks.com/news/4667343?invoker=np_urlshare_uid638516&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare
何日も発熱が続いていたり、呼吸器障害があっても地域縛りで検査を受けられなかった方々も、これで検査を受けられるということになればいいのですが、一気に検査数が増えて検査体制がパンクしないよう「最大限可能な数字」を1日も早く増やすべきです。
ただし国民が安心するために、症状がなくても安心のために検査をしろ!と安易に検査数を増やすのはマイナスですし、ましてや薄っぺらな陰謀論まで出てくるのは、逆に不安を煽るだけです。
まず、BuzzFeedの岩永さんのこの↓を読んで、落ち着きましょう。
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-sakamoto?fbclid=IwAR00SWmsJFslH_yYLrmAugjGaRKHPPvg74T8Cx5fvk7rBXSjYTN9iblKa1I
検査ができる施設の偏りがあったりするのだろうか?それにしても最大限可能な4分の1しか検査ができていないのはあまりに少なすぎはしないだろうか。
検査ができなければ、感染しているかどうかもわかりません。

つまり、公表されている感染者数は実際の感染者数よりも少ない可能性が極めて高いというのが実情でしょう。

現段階では、症状が出てはじめてわかるという状況でしょうか・・・。
見方は色々あると思いますが、私は、個人的にこのコロナウイルスは、100%陽性または陰性と明確に判定出来ないことが難しいと感じます
→ドクターコメントや知人のドクターによると、ほぼ全ての検査に100%はないとも理解しています

今までの感染者のニュースを聞くと、100%どころか、60%、70%くらいの確度だと感じます。
だとすると、検査をして陰性と言われて安心してしまい、普通の生活をしてしまうリスクも大きいと感じます。

これから2週間、大規模イベントなどを控えるということは、日本全体として、これ以上感染者を増やさないということだと思います。恐らく今いるであろう無症状な感染者は、極論いうと、2週間他人を罹患させず、自分も治癒するのが第一関門だと言うことです。そして、その2週間の間に、重症化しそうな人が確実に検査を受けて、隔離して確実に治療を受けて貰う為には、今可能な検査数を全て使い切ることが、必ずしもベストな対応をしていることの証明にはならないのではないでしょうか?
日本はPCR検査は平時であれば十分にありますが、需要が一度に上がるSurge Capacityはない。シンガポールもアメリカもどこにもそんなものはない。1日900件やってるのはかなり多い方ですよ。