新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネット調査なので母集団に偏りがあるという前提でデータを見なければなりませんが、「Amazon プライム・ビデオ」を契約している人が63.4%というのは多いいなぁという印象です。そして「Amazon プライム・ビデオを最も利用する」と答えた人で、週に2~3回程度以上見る人は50%、「ほぼ毎日」と答えた人は 29.2%というのも、時代は変わりつつあるな〜と感じます。この方々が動画配信を見ている時間は、まず地上波テレビは見ていないでしょうから、テレビ局は「このままでは」ますます苦しくなっていくでしょう。「このまま」にしない努力が必要です。

それにしても、元のサイトで、
「集計データとしてまとめた全77ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。」とされているのですが、できません。このような調査は、できれば元データを直接見るというのが基本なんですが、残念です。
AmazonプライムとNetflixは、ユーザーケアでも大きな違いを出しています。

最悪なのは、Huluです。

観たいコンテンツがないので1月上旬に解約したのに、下旬に請求がきました。
「おかしいではないか!」
とメールで抗議しても、訳のわからない「上から目線」の釈明をするばかりで、結局一ヶ月分引き落とされました。

解約当日に新たに再契約をしていたという記録あり、「こんなことをするほどボケてはいない!」と主張しても聞く耳持たず。

システムエラーをユーザーの責任に押しつけるひどい会社です。

1000円少々で余計なエネルギーを使いたくなかったので、「AmazonプライムとNetflixとは大違いだ」と公表してやると毒づいて、縁切りしました。

今はどうかわかりませんが、TSUTAYAディスカスもひどかったです。

無料体験ということで開始したら、「以前有料で利用していたので無料体験はできません」とのこと。
それじゃあ解約しよう思って解約手続をしたら、「申し込みと同じ月の解約は認められません」とのこと。
こちらも、まるまる1ヶ月分取られました。

多くのユーザーからたとえ1ヶ月分でも取れば、一時的に資金繰りは良くなるでしょう。

しかし、不快な思いをしたユーザーが戻ってこないどころかレピュテーションリスクまで考えれば、場当たり的な資金繰りです。

勝ち組はわかりませんが、負け組は明らかになってきました。
やっぱりコンテンツの種類によって月額制動画配信サービスのユーザーの好みも分かれるんですね。Netflixの場合だと、Netflixオリジナル作品も含め、海外の映画やドラマが好きな人にはたまらないと思います。最近月額制動画配信サービスがどんどん増えている中、コンテンツの特徴や系統をしっかり持った方がユーザーを増やしたり継続させるのにも効果的だと思いますね。
詳細な調査結果を見ると、Amazonプライム・ビデオ、Netflixの次に多いのは、Huluで17.8%。現時点ではあるけど、Amazon PrimeとNetflixの2強と言うには足りないと思う。

月額動画配信サービスの利用状況は、「利用している」が27.5%。ネットでアンケートに答える層なので、実際にはこれより低い利用率になっているでしょう。利用頻度については、利用率も合わせて考えないと、見方を誤る気がする。
課題だと思うのは、「知っているが、利用を検討していない」が47.8%と多い点。知っていても、検討すらしていない理由が気になるけど、この調査結果では分からないのが残念。地上波が無料で満足していて問題ない、月額費用の問題、見たいコンテンツが無いなど、ハードルがあるのでしょうか。
1100名に自己申告でアンケートをとった結果では、全体像を語るのはリスクがありませんか?

この記事だけではありませんが、最近の日本における「アンケート手法の古さとサンプル量の少なさ」は課題だと考えています。

こういったアンケート結果が、あたかも「全体を示している」という感じで、数字を使われるようなことになれば、最悪、戦略を誤ってしまいます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
プライム会員もいれてるデータかしら?
集計方法が気になる。
株式会社ジャストシステム(英語: JustSystems Corporation)は東京都新宿区西新宿六丁目8番1号に東京本社(実際の本社機能)、徳島県徳島市川内町平石若松108番地4に徳島本社(登記上の本店)を置くソフトウェア開発会社。通称「ジャスト」。 ウィキペディア
時価総額
4,554 億円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
130 兆円

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
19.6 兆円

業績

関連記事一覧
ドコモとアマゾンが連携強化--「ギガホ」契約者なら「Amazonプライム」が1年無料に
CNET Japan
736Picks

高まる「ライブコマース」の認知とアピール力。視聴者の5割が商品購入
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
14Picks

突然ですが、ビデオ通話アプリ格付けランキングを開催します
ギズモード・ジャパン
8Picks

Eコマースの調査で、東京都在住・ネットスーパー利用者の約5割がAmazonの「Prime Now」の利用経験ありと回答
デジタルシフトタイムズ
6Picks

YouTube視聴者の約6割は“必ず更新を確認するチャンネルあり”
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
6Picks

「置き配」認知率はEC利用経験者の80.8%、そのうち約3割に利用経験 「食品・食材では、置き配を利用したくない」が半数
デジタルシフトタイムズ
4Picks

Amazonプライム、家族会員が「2人まで」から「1人」に減る
ねとらぼ
4Picks

台湾がセキュリティ懸念で政府機関でのビデオ会議アプリZoom使用を禁止
TechCrunch Japan
4Picks

「Amazonプライム・ビデオ」をパソコンでダウンロードして見る方法!
ビジネスジャーナル
3Picks

直近3カ月で、ネットスーパー利用者の約6割が利用頻度増加
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
3Picks