新着Pick
436Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パナソニックはテスラと、2つの電池について提携しています。一つが有名なEV用の車載電池、もう一つはあまり知られていない太陽電池。ソーラーパネルを構成する「セル」と呼ばれるものです。
テスラはこのセルをベースに、屋根一体型のソーラーパネル「ソーラールーフ」を製造販売するもくろみでした。テスラがこのパネルの発売を発表するやいなや、大量の予約が入り、同社の人気EV「モデル3」のような人気を博しました。

そして、車載電池の巨大工場であるギガファクトリー同様、太陽電池についても、米国にバッファロー工場なる工場を両社の共同投資で作りました。
そして、生産立ち上げに苦労したギガファクトリー同様、バッファロー工場でもテスラがソーラールーフの生産に苦労し、計画通り事業が進みませんでした。何もかもが似ており、瓜二つの関係ですね。

ですが、最終的にギガファクトリーは軌道に乗せ、モデル3は世界で最も売れているEVの地位を獲得しました。その裏で、ソーラールーフについては、テスラCEOのマスク氏がモデル3の生産立ち上げに追われる中で関心を失いつつあったと言われ、事業が成長するめどが立っていないようです。

ちなみに、パナソニックのバッファロー工場への投資額は300億円超。
手前みそですが、パナソニックのこれまでの投資戦略の振り返りについてまとめたオリジナルコンテンツ記事も先日配信しました。
https://newspicks.com/news/4643255?ref=user_3880870
とうとう来る日が来てしまいましたね。
生産量が上がってきているという話が昨年聞こえてきてたのに残念です。
太陽電池や車載蓄電池などは、パナソニックが長年やって儲けてきた「組み立て製造業」とは違うタイプの製造業です。このため、パナが慣れている大量生産によるコストメリット(私がよく使う用語でいうと「金型効果」)がそれほど出ないのではないかと想像しています。

このため、いくらやっても思ったほど儲からない、「期待はずれ」になってしまう、ということのように思います。
この点がクリティカルだね。
そして、太陽電池モジュール工場は売却ですか…。
リチウムイオンにしろ太陽電池にしろ、三洋電機の遺産をうまく活用してきたと思ったのだけど、結局はどれもうまく活かし続けられなかったということ?

あと、NPのユーザーの皆さんはどれくらいの割合で日経の記事本文を毎回読んでるのかなあというのは気になった。

あと、コメント欄で誤解されてる方がいるけど、ソーラーシティは太陽電池システムを売る会社、パナソニックの事業は太陽電池モジュールを作って売る事業で、重複はしてません。


(以下本文抜粋)
主にパナソニックが生産を担当する太陽電池は、テスラの主力の太陽光パネルである「ソーラールーフ」で採用されるはずだった。

ソーラールーフは黒い屋根のように見えるデザイン性が最大の特長だが、パナソニック製の太陽電池は見た目と発電効率の両立が難しくテスラの求める仕様に合わなかった。現行のソーラールーフはコストも安い中国企業などの電池を採用しているもよう。パナソニックは同工場で生産した太陽電池を、テスラの代わりに日本のハウスメーカーなどに販売してきた。

(中略)
パナソニックは稼働率が低下していたラインの操業を停止しコストを削減する。太陽電池を供給する日本のハウスメーカーなどの既存顧客には、太陽光事業で提携している中国GSソーラー(福建省)からの供給に切り替える方向で調整する。

パナソニックの太陽光事業は11年に完全子会社化した三洋電機の事業が源流。技術力やコスト競争力を高めた中国勢の台頭などで数年前から赤字に転落した。19年にGSソーラーに太陽電池の主力工場だったマレーシア工場を売却すると発表した。
蜜月の崩壊の兆しは見えていたが、いよいよ進んでいくか。
ただ両社とも自動車については、感情と現実の両面があるように感じる。大口調達先・顧客で、工場も共同運営している。だから抜けたら調達にも売上にも響く。ノウハウも一定持っていて、使われるリスクもあれば使われれば法廷論争になるリスクもある。
離れられないように共同運営にするわけだが、気持ちが離れたあとの事業は極めて難しい。
EV関連の中国の力の入れ様には国家レベルで対抗しないと厳しいですね。ただ、国家レベルで対抗すべきかどうかの見極めは必要です。
電池業界は半導体産業と似た構造で、自動化された大量生産が出来る敷地や設備が必要なのと、補助金を大量に入れて優秀な技術者を確保し技術力を高め続ける事が必要です。

テスラの一方的な共同生産解消ではなく、パナソニック社はそういった構造に抗うのをやめたという構図でもあると考えられます。
太陽電池は、パナソニックにとってもあまり「うま味」のない事業だと思います。

EV向け車載電池は継続とのことですが、テスラは中国向けに中韓のメーカーとも提携しているとのこと。

パナソニックの電池技術の方が優れていると思うのですが・・・コスト等の関係でしょうかねえ。
太陽電池は提携解消。EV向け車載電池もこれまでパナソニックがテスラに独占的に供給してきたが、テスラの中国市場向けEVを巡っては、中国・寧徳時代新能源科技(CATL)や韓国・LG化学もテスラと提携した。初期にリスクは取ったけど結局ポイ捨てになるリスクも…
なにやっちゃってんの?パナ。

って感じですね。

〈追記〉
福山一哉さん
なるほど。
https://g.co/kgs/gezB9p
当初は「Tesla(米国企業)対中国」になるのか?と思われましたが、最終的には「Teslaと中国が組んで世界制覇」になってしまいましたね。

こうなるとパナソニックは、ハズレくじをひかされた感じで残念ですね。ただ、これは、ナイス・トライの範囲ではないかと私は思います。

あとは、どれだけ傷を浅くできるか?それとも9回裏逆転満塁ホームランを狙うか?ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.47 兆円

業績

時価総額
84.1 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン