新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Kyashは数十万の会員を抱えているので、これらの方に無料で発行することは出来ず、かつ、どれくらい申込があるか読めないので、発行手数料を収受するのだと思います。

しかし、今後のビジネスとしては厳しいと思います。
バーチャルカードもセゾンから発行されますし、プラスチックカードはもちろん、Visaタッチ対応のカードも発行されています。
そうなると、既存のクレジットカード会社と競合するようになり、
既存のクレジットカード会社はVisaタッチのカードを無料で発行し、体力勝負に持ち込まれてしまいます。
Origamiのようにならないことを祈ります。
カード発行費用900円を支払う人がどれくらいいるのか?日本では初めてのケースなので関心を持って見ています。
900円では、Kyashの利益はないと思いますので、ほぼ実費でしょう。
そのことをユーザーにいかに分かってもらうかが浸透の鍵になると思います。

と思って読んだら、普通のカードも今後は300円発行手数料を取るのですね…
(-ω-;)ウーン、私がKyashのヘビーユーザーならばVisaタッチ対応を選びます。

追記
ちなみに、Kyashはvisaのプリンシパルメンバーシップを確保しています。

https://newspicks.com/news/4274521?utm_campaign=np_urlshare&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid349101
NPが取材していますね。
申し込みましたよ。

メリットがないと言っている人もいらっしゃいますが、クレジットカードのポイントと重ねてKyashのポイントが得られるのは大きなメリットでは?かつては2%のポイントでしたが、今は1%。

クレジットカードのポイントの大半が0.5%~1%だと考えると、お得だと思いますが。

※追記
メリット
・使ったらその瞬間履歴に反映される
 →昨夜の飲み代いくら払ったっけ?もすぐに確認できる
・クレジットカードとポイント重ねができる。(+1%)
・Visaタッチに対応した

デメリット
・カードの履歴には「kyash」と表示されて、カードの明細では何に使ったのか分からない
・手数料900円。ただし多分一ヶ月目のポイントバックでお釣りが来ます
・その他、暗証番号非対応や海外で使えないなどは此度の刷新で解消された

ただ良く分からないのは、kyashはどうやって儲けるのだろうか、という点。
その意味ではOrigami同様心配ではあります。
900円払ってまで新カード欲しい人は殆どいないのでは。

ビザタッチは対応店舗自体少ない上、そうした店は既に別のNFC決済が使えるため、還元率も下がったKyashを使う意味が薄い
>ビザタッチ対応店舗
https://xn--nckuag2b3koa3c.com/?p=2272

ただ、日本の顧客体験としては全く新しいものかも知れないし、海外で使えるとすると払う価値は大いにあると思います
Kyashの使い方として、メインのクレカ(公共料金やネットショッピングの支払い用で自宅保管)を登録して使っています。

メリットはメインの紛失・破損防止、ポイント獲得。
デメリットは限度額と使えない場所があることです。

新しいカードは検討中。
Kyashというカードは、恥ずかしながら知りませんでした。

記事を読んだ限りでは、Apple Cardの二番煎じ的なイメージが拭えません。

パクリは、とても重要で、やるべきですが、加えて、オリジナルにはない付加価値を追加することが大事です。

このカードがApple Cardより優れているのはどこなのでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
楽しみにしていたけど、発行手数料が有料なので申し込みしなかった。元々使い始めたときは2%バックだったのが、1%になり、4月から0.5%になる。なかなかFinTech業界の懐事情は厳しいということなのか。
2020/02/25 18:32現在、アクセス集中のため、メンテ状態になってました。落ち着いたら申し込む予定です。