新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型肺炎が原因かどうかはともかくとして、80歳を超えた御高齢の方々には、寄港後の部屋での待機は心身共に堪えたものと思います。ご冥福をお祈りいたします。

厚労省は、豪華客船でのクルーズ旅行に行かれる高齢者の特性を事前に分析していたのが気になります。
最近では、安くて東アジアを回るクルーズ旅行が出ていて、若い方も利用するようですが、クイーンエリザベス号など伝統的なクルーズ船は、持病で飛行機では旅行出来ない富裕層の方々がメインのお客様です。
医師や看護師も常駐していて、高血圧や心臓病、腎臓が弱い人などが安心して旅行出来るわけです。
余生をクルーズ旅行で過ごしている方々もいます。

ダイヤモンドプリンセス号は、そこまでの高級クルーズではなかったようですが、そういう豪勢なクルーズ旅行を持病があっても楽しめるというベースは同じだと思います。

最初から、そういうお客様が一定以上いることを理解していたら、適切な隔離方法もあったのでは?と感じます。

日本は、良い意味でも悪い意味でも平等意識が強いので、良かれとしたことが裏目に出てしまった側面が多いなと感じます。
義母が入っている老人施設も面会謝絶になった。

感染しても症状のない人が相当いるのだから、感染を阻止しようがない。

感染拡大を阻止しようとするなら、自覚の有無にかかわらず、全員自宅で自ら隔離という手段を数週間とるしか方法はないでしょう。

マスクもないし、消毒薬もないのですよ。
クルーズ船での対応がお粗末で多くの感染者が出てしまったのは残念。日本政府にも責任がある。今気になるのは残った乗務員はどうなったのだろうか?まだ船から出られないでいるのだろうか。日本人だけでなく働いている各国の労働者の世話はしっかり船会社がやっているのだろうか?アメリカ、イギリス政府の責任は?同じ人間差別待遇をしてはならない。
悲しいニュースが続きますダイヤモンド・プリンセスに乗っていた80代の方が、入院先の病院にてお亡くなりになられたとのこと。心よりご冥福をお祈りいたします。
これで、クルーズ船に乗船されていた方でお亡くなりになった人は4人目となります。