新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
口座開設キャンペーンなど「数もの」で口座数を増やした挙句、取引深掘りに向かう適切なマーケティングを行わなかったツケが現状のコスト負担ですから。
電力会社のような総括原価方式的発想ではなく、口座が存在してもコストが極小化できるような仕組みを作ることが先決でしょう。
いやいや、かかったコストは、手数料だけじゃなくて、預金金利などを通したステルス手数料で全部顧客に転嫁してきたのが今までの日本の金融機関ですよ。手数料を上げるなら、まずは高い人件費など自らの経費削減を先にお願いしたい。

また、未利用預金に手数料を課すなら、まずは名寄せを徹底して、未利用預金の解約に誘導するのが筋。安易に手数料上げを言わないで欲しい。
まずは文句がほとんど出ないであろう「未利用預金」から着手しだしたということですね。

「大昔、口座だけでも作って下さいト頼まれて作ったのに!」
という非難の声も若干出てくるでしょう。

預金集めの時にはノルマのために新規口座開設をお願いし、顧客が忘れてしまったら手数料の原資にする。

時代が変わったからとはいえ、納得できない人もいるでしょう。
手数料を課すことによって
活用か解約か判断するきっかけ
を与えるという取り組み、と評価したい。
その意味からも、新規手数料の導入は、
はっきり示してシグナルを発するべき。
それをしないで、手数料だけを取るのは
ちょっとバランスがわるい。
各金融機関毎に適切な動きをされる
と期待したい。
経費率の高い金融機関はそうせざるを得ないのでしょう。

しかし、経営へのプラスのインパクトはそう大きくありません。既存口座には適用されず、新規口座にしか適用されないからです。

寧ろ、マイナスのインパクトの方が大きいかもしれません。顧客が同じ地域にある手数料無料の金融機関に流れてしまう可能性があります。
そもそも海外の金融機関が口座維持手数料を取っても何も言わなかったのに、国内銀行が同じ動きに踏み込むといきり立つのは、如何に現金インフラが水や空気の如く享受されていたのかよく分かる例だと感じます。まさにそうした意識・無意識のキャッシュへの距離感が日本でキャッシュレスが進まないと言われているものの根深い心理状態としてあると思います。立派なインフラほど、捨てるのは難しいという話です。
現状は新規口座開設に限り、既に開設していた分は対象外との事。
海外の銀行では一定残高以下は手数料をかけている所も多いし、マイナス金利の状態が続く中、いずれにせよこの流れは止められないでしょうね。
メガバンも含め1000円強の未利用口座維持手数料の徴収が検討されているようが。金融機関側のコストを考えると仕方ないという感じはする。
マイナス金利政策では口座維持手数料は必要だと思う。ただどちらかというと、店舗やATMや人件費などコストをかけすぎている部分が多いので、Webやアプリで済むようにすればコスト削減&利便性向上する。
こういうことをやり始めると、ますます「銀行に貯金」という行為がアホらしくなってくる。