新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
武漢の人口は1100万人、湖北省の人口は5900百万人ほどのはず。特別機で武漢から日本に帰った人の2%程度が感染していたようですから、その比率で考えても「中国国内では約7万7000人が感染」という数字は余りに少なくて俄かには信じがたいところです。
先行して感染が広がった中国で、免疫を持つ人が増えてピークが先行して訪れるのはむしろ当然で、本当にそれが封じ込めの成果であるものか・・・ 
軽症者が多く症状無しで感染が広がるウィルスが本当に「封じ込めが可能」かどうかは素人目にも疑わしいところです。WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長が「流行の中心地とその周辺地域で前例のない封鎖や検疫措置を取ることで感染拡大の阻止に貢献したとして、中国を称賛した」そうですが、これからピークを迎えて行く他国に責任を転嫁して中国を思いやるWHOの姿勢が今回もまた、という感じがしないでもないですね (^^;
各国で感染が広がりつつある中で、中国の他の地域で感染が広まっていないのかどうか、真偽のほどは分かりませんが、
推測することに意味はなくて、
ただただ、今すべきことは、手洗いはじめ1人ひとりが感染予防をしっかりすること、これに尽きるかと。
中国国内の新規感染者数が安定して減少傾向となったのを受けて、WHOはこれまでは慎重な見方をしてきたものの、ここにきて「ピーク」という言葉を使用しました。取り漏らしはあるものの感度を上昇した一定の基準で診断が行われているので、現状評価として間違いないと思います。

一方、韓国と日本では新規感染者がいまもなお一定して出続けており、感染者が新たに見つかった国が中東地域を中心に増えたのも気がかりなところです。

しかし、以前と傾向が異なるのは、これらの国で中国から渡航した新規感染者がほとんど報告されていないということです。少なくとも韓国、日本では、これからは国内に集中すべきフェーズに入ったと言えるかもしれません。

また、韓国と日本の感染者の違いは、検査提出数の違いだとする説も流れていますが、これはそうとは思いません。医療現場における市中感染の疑い例については、もちろん軽症者の見逃しはあるかもしれませんが、重症者の見逃しは少ないと思います。

感染者数が増えればそれだけ重症者や死亡者が増えてしまうことを前提として、例えば日本と韓国での死亡者や重症者の数を比較していただければ、感染者の規模感の違いは検査提出数だけでは語れないことがお分かりいただけるのではないかと思います。
先行きの企業業績を反映する株式市場の動きを観察するといいかもしれません。
昨日は、中国の株価がほとんど下落しなかった一方、その他の国の株価が大幅に下落しました。
まさに、中国ではピークアウトする一方、世界的な流行拡大を懸念している状況です。
在仏です。

隣国イタリア北部での状況から、フランス政府は受け入れ病院の確保を進めています。

欧州統合の理念から、そしてブレグジットのあった年でもあり、EU内部で本件で本格的に陸路国境を閉ざす事は現実的ではないと考えます。

各国毎に自国から他国への伝搬を防ぐアクションはあるかもしれません。
とりあえず中国ではピークに達したよう。早く終息しましように・・・
=============
事務局長はスイスのジュネーブで記者会見し、中国での感染拡大は1月23日~2月2日の期間にピークに達し、それ以後の新規感染は「着実に減少している」と表明。
引き続き中国贔屓のコメントですが、韓国、日本、イタチア、イランで感染が拡大してきている。世界的なパンデミックという判断は行っていないが、これから数週間が勝負所という専門家の意見もある。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン