新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この取り組みが普及すれば、現状のように各家庭に太陽光+蓄電池を置くのではなく、複数戸分の蓄電池を敷地の広い家などに設置して、まとめて制御できるようになり、より効率的になると思います。
エネファームの余剰電力も融通できるようにすべきとコメントしようと思って調べてみたらいつの間にか新型のtypeSで2019年4月から電力を買取できるようになっていたようです。

広島ガス、エネファームの余剰電力を買取るサービス開始 新電力に販売
https://www.kankyo-business.jp/news/021442.php
個々が持っていて埋もれた価値を皆でシェアして、テクノロジーに基づき最適化して、再分配するのはこれから大事になる要素だと思う。SDGsにも絡むし。
VPPに最適化するには、需給調整していた火力発電所やインフラを縮小していく必要がある。
でなければトータルで冗長かつ無駄なシステムになる。

しかし、一般家庭を含むVPPの電力ソースをどうやって保証するのか。
災害時の電力を誰が保証できるのか。
そこが一番難しい。
ロイヤル・ダッチ・シェルが、家庭に設置された蓄電池を繋ぎ電気を融通する次世代電力サービスを2021年にも日本でスタートするとのこと。