新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
30年幼児から大学生までの育ちを見ていて、確かに幼児期鉄道好きは、学業も(特に理系で)優秀になる確率は高い。もちろん全員でないことは自明だが、優秀の割合は明らかに高い。

①「あ、15両編成だ!」「13:26到着ということは・・」等、数値イメージ(数感)が育まれる。
②「見なくても京浜東北線の電車を描ける」というような例も多い。それはすごい集中で、観察しているということ。
③路線図は、図形認識。
④「好きにのめり込むことが大事」と、今ではみんな良くいうようになったが、テツは「心から本当に好き度」が高い。モチベーションに濁り(どこかで褒められようとするような)が無い。

など、すぐにいくつもポイントが浮かぶ。
モンテソーリ教育なども好きなことに没頭させる方針は明確ですね。
一つのことにとことん取り組み色々と発展させる考え方は他分野でも応用できると思います。学校側にはそれを可能にする敢えて自由のある環境を整備することが大事だと思います。

https://s.resemom.jp/article/2015/04/07/23925.html
関連分野も含めた徹底的な没頭体験から得た知識を学習にも結びつけているから、知識の定着と応用が効率的・効果的になっているのだと思います。

鉄道は実生活と関連しやすいので、体験できる範囲が広いから、頭のいい人が多くいるように見えているだけです。鉄道を好きになれば頭が良くなるわけではありません。
何であっても没頭するものを軸にしながら、体験する範囲を広げて、楽しいと感じるものを増やしていくことが大切だと考えます。
線路沿いに住んでいて毎日電車見てるウチの息子は頭良くなるかな。

ところで頭いいってなんですか?
「去年の部誌のテーマは「機関車」で、各自がその枠の中で研究成果を発表している。その中身はというと「物理学で紐解く蒸気機関車の技術」「災害時の鉄道貨物輸送」「中小私鉄の機関車の在り方」など、とても中高生が書いたとは思えないような、高度な視点での論述が展開されている」
凄い。。

物理など計算もするし、路線図から地図をイメージしたり、文系の知識も理系の知識も活かすことが出来るのですね。
日本で言う「頭がいい」という定義は、海外のそれとは少し違う気がしますが…それはおいておいて。

鉄道好きに限らず、何か好きなものに夢中になれると、集中できるので、学習能力は高まりますよね。

よく言われることの例で言えば「外国語を最短でマスターしたかったら、その言葉しか話せない恋人をつくること」ということです。

鉄道に恋している人は、鉄道からいろいろ学べます。
その他でも、ほとんど同じことが言えると思いますが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
進学校の生徒には「歴史好き」も多い気がする
子ども頃から電車に乗ることが多く、ずっとライトな鉄道ファンですが、いまは子どもと鉄道博物館に行くのを楽しんでます。確かに開成も麻布も鉄道研究会は、すごい人数いる人気の部活だったりしますね。
鉄道好きハンパない‼︎