新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつの話? だいぶ前からHUAWEIスマホには入ってますが。
GoogleストアとHUAWEIストア、双方で配信してるアプリもすでに結構な量に。問題はGoogleモバイルサービスを利用して稼働するアプリ(Googleマップ使ったり、通知周りだったり)は修正しないと、HUAWEIストア経由で配信できないこと。ここはかなりシビアでしょう

*追記
ちなみに設定を中国語にすると、グーグルプレイではダウンロードできないDouyinなどの中国アプリが落とせるようになります。グーグルプレイとファーウェイストアと両方入ってるスマホが最強です。
プライバシーを気にされる方もいますが、ファーウェイのほうがグーグルよりセキュリティは強固で「このアプリ、ダウンロードできるけど、君の情報ごっそり持ってく権限設定になってるけどやめといたほうがよくない?」と警告だしてくれます。
高口さんと同じく、このニュースをみて違和感がありました。HUAWEIのアプリギャラリーって前から入っていて、結構、そこからダウンロードできるメジャーなアプリも少なくない。
こちらでもかなり積極的な広告展開をしているファーウェイのApp Galleryですが、個人的に気になるのは、メッセンジャーアプリ「Whatsapp」があるかどうかです。
今や、外国人労働者の間でも、祖国との音声通話はWhatsapp一択。このアプリがあるかどうかで、低所得者層への訴求度が違ってきます。
「場」ができたので、あとは、いかに「コミュニティ」を育成できるかですね。

AppleもGoogleも、開発者のコミュニティの質の向上と量の拡大に努力してきました。

私がHuawei Watchを見送った理由は、このコミュニティがなかったということでした。

これからの動向に注目ですね。「場」だけあっても、そこで活躍する「プレイヤー」が集まらないと意味がありませんので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
そりゃHuaweiスマホが世界中で売れていて、米中貿易摩擦でプレッシャーを受けているわけで、こういうものは作るだろう。
ファーウェイのアップストア「AppGallery」が発表された。App Store、Google Playに次ぐ、第三軸になれるのだろうか。注視していきたい。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
116 兆円

業績