新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三越の中でも「日本橋」に導入したことの意味は大きいですよね。旗艦店の変革で、他の店も聖域なし、ということを社内に示せますし、意識変革をはかるという意味もありそう。さらに言えば伊勢丹と一緒にならずに単独でもこの意思決定がなされたかどうかは必ずしもそうでない気もします。外から見れば遅いですが、変わろうという意志は感じます
個人的には、百貨店と家電量販店の「ブランド価値」は、完全に水と油だと思うので、これがうまく行く姿は想像することが困難です。

確かに、インバウンドの旅行者を狙えば、こういったこともありと思いがちですが、従来からの百貨店で買う購買層を失いかねません。

私の周囲には、以前は百貨店に行っていたのですが、家電量販店が入ったことで、客層が変わってしまったので、他の百貨店しかいかなくなった人たちも多いです。

日本橋の三越さんが目指すものは何なのでしょう?そこが大事ではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
2,856 億円

業績

業績