新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は、受け身型? 自分で切り開くより、大人しく幸運を待つのだとすると、自分の人生の成功に対してあまりにも消極的。
変化の激しい今を楽しんで生きるために、自己肯定感を持ち自信を持って生きるためには 何が必要なのだろう? 幸運が必要だと思うなら、『どうしたら幸運をゲットできるか」を考えてみては?
最も重要なのは、(同性、異性を問わず)相性のいい「パートナー」がいることだと思います。

GoogleもMicrosoftも二人三脚で成功しました。

一人で勧めないときも二人なら進める。
一人ならくじけそうになっても、二人なら頑張れる。

一人の人間の力は、とてもとても弱いものです。
自分だけが不幸になるのは嫌。

多くの人がそう考えていますよね。成功したいというより、失敗したくない気持ちが強い。

でも、自信がないから、幸運を待ち、社会的平等を願う。

成功や幸せに関して、画一的な考えを持っていることも、課題の1つです。

人と比べるのをやめて、自分の基準で充実感を高めることをお勧めします。
運は大きいですよ。

幸運はキッチリとりこぼさないようにして、
リスクはヘッジする。

それがキチンと出来てる人が、いわゆるデキル人。
幸運みたいなものには、いろいろなものが含まれている印象。それは、人との出会いだったり、所属する組織、コミュニティとの出会いだったり。それも、少なからずは運なんかでなく、自身の性格や気持ちにも左右されそうなところであるが、意思決断に占いや神頼みを取り入れる日本的な要素もあると思う。一歩踏み出すきっかけは何でもいいと思うのだけど、自信のなさみたいなものを、神頼みとかでも占いでもパートナーや友人の後押しでもなんでもいいので、乗り越えてほしいと思う。
私は飛行機に乗るとトラブルに遭うことが多く、離陸直前に降ろされたり、酷いときにはエンジンが火を吹いて引き返すなんていうこともありました。

おかげで乗り継ぎができなかったり、予定がぐちゃぐちゃになったりはするのですが、とにかく運がある。何故なら、まだ落ちていないから。

ひとつの事象であっても、それを運がないと捉えることも運があると捉えることも、受け止め方次第でできるもの。

なので成功する人は常に運があるのではないでしょうか。失敗しても「あの時、失敗したから今がある。あの失敗で気付けたのは運が良かった」とか言ってそうです。
街頭インタビュー、何人にどんな人に聞いた結果なのか。それがわからないと、インタビューやアンケート調査の結果の真意を読み取れない。
以下で、一番気になるのは、日本があげている「社会的平等」です。

私は「平等」ではなく「公正」だと思います。格差はよくありませんが、「平等」は、頑張った人も、そうでない人も同じ結果となるということで、これが日本社会の本質的な弱点だと思います。頑張った人を評価し、そうでない人とは区別する…そういった「公正」さが大事ではないでしょうか?

私が考える成功要因
1.やるべきことが明確(信念)
2.仲間と人脈
3.運

大成功している人や企業の話をよく聞くとわかりますが「運(タイミングや時代を含む)」は、大きな要素です。

「運」がないだけで、うまくいかなかった天才や、優秀な企業は多数あります。

日本
1.一生懸命働く
2.幸運
3.社会的平等

世界
1.一生懸命働く
2.変化を喜んで許容
3.ふさわしい人とのつながり(人脈)

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
偶然を必然に
はかりしれないもの、はかないもの
確かに手にできないものを追って愚行を重ねること
なーんでこんなこと調べんだろ、と思いました。が、気になるところもありました。

幸運、と、ふさわしい人とのつながり。

これ、実は似たことを指しているのに表現が違うんですよね。

運は、向こうから訪れるニュアンス、だし、人とのつながりは、自分からつながりを求めるニュアンス。

でも、運は行動した結果として伴う気質も強いので、日本人はその点が無意識なんだ…と感じました。

これは、自身のことや周囲のことが客観視できていない、ことの表れ、であるように思えます。

無意識を意識下に。まずはここから始まると感じます。
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2,501 億円

業績