新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
遠隔医療は、皆様ご存知の通り日本国内では思うように進んでいません。ニーズは確実に存在するものの、診療上の制約や保険点数上の制約、導入コストなどが障壁になっているものと考えられます。

今回の新興感染症を契機とした「医療機関は感染者が多く集まり危険である」という声は、受診が必要な方まで受診を控えてしまうという副作用をもたらしていますが、一方で不要な受診を減らす傾向も導いており、加えて遠隔医療システムの普及が進み持続可能であれば「怪我の功名」となるかもしれません。
大阪南港のコワーキングスペース ソフト産業プラザ TEQSの受付で遠隔ロボットを初めて見ました。移動できるタイプでしたが、動きもスムーズで東京ー大阪のコミュニケーションも問題なく行うことができて感動しました。
「患者の検診などに使えないかという問い合わせが数多く来ている」
遠隔医療。医師不足と高齢化が進む中、特に期待されてきた技術。
新型ウィルスの感染拡大が続けば、あれば相当助かる技術になりますね。