新着Pick
295Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ある程度の社会経験を積んでいる方が、起業には向いているとは思います。

その間に、多方面にツテやコネを作っておけば尚更です。

しかしながら、会社の肩書きに頼った生き方をし、黙っていても毎月一定の給料が「天から降ってくる」と錯覚してしまった人は起業しない方がいいでしょう。

大企業の従業員だから、多くの人たちはあなたと付き合ってくれるのです。
コネやツテも大企業を辞めたらすべてなくなると覚悟しましょう。

また、従業員だある間は業務時間中に何もしなくとも給料が貰えますが、起業すると何もしないとコストがかさんでマイナスになります。

その辺が理解できずに自己破産した人たち、何人か知ってます。
私(42歳)も今年起ち上げます。
40歳過ぎてから起業すると成功するんじゃなく、40歳までに失敗経験があるから起業で失敗することが少なくなるだけ。起業でも個人事業主でもいいんだけど、とにかく75歳くらいまで働けるようにしないとね。
実際、就業構造基本調査によれば起業している男の平均年齢は49歳、女は44歳です。
であれば、年配の方々は、70歳定年制を来年に控えて増加する早期退職を有効に活用して、前向きに起業にチャレンジしていただきたいものです。
この記事は「経験」で片づけているが、そこをしっかり書かないといけないのではないか?

スタートアップ創業者の話を聞く機会がこの1年で多かったのですが、彼らによると、会社が成長するにつれ、管理部門の重要性が増すのでそのあたりを体感として知っている人は正しい手を打てると言ってました。

ところで最近、社会の中でのある仕組みに問題点を感じてまして、それを解決する手段としてNPOがいいのか起業という形でビジネスとして取り扱うのがいいのか思い悩んでます。

MBA行ってると「俺も起業しなきゃ」って半ば強迫観念を感じることがあります。でも起業して成功するには、当該ビジネスシーズに関しての「執念」が必要だとシリアルアントレプレナーが言っているのを聞き、自分で自分に対し「今お前がおかしいと感じていることについて一生取り組む覚悟はあるのか?」と問いかけています。
人脈と自己資金があるということを活かし、初期から組織化して、創業者が経営に専念する場合は、年配者の方が成功する確率は高いと思います。

しかし、スモールビジネスでの起業、一人社長で何でも自分でやらなければいけない状況からのスタートの場合、苦手な分野、今まで他部門に任せていた業務も自分で対応する必要があり、頭の柔らかさや応用力が問われます。

大手企業を早期退職して独立した人を何人も見てきましたが、スモールビジネスでの起業の場合は、なかなか苦戦されていますね。
私はマスメディアから入り、その時は総務事務。そこから財務経理、ISO事務局、システム管理(人がいなかったため)。そして日刊工業新聞に入り、担当員という販売店の弊紙販促担当員(千葉県担当3年)、記事を書かせていただいたりからの、今は広告営業を勉強中です。

その間も、どうしたら認知度を上げられるか、マーケティングをかじってみたり組織論を勉強するためにサイボウズさんにお世話になったり。

起業はかなりハードルが高いですが本当に自分が成し遂げたいことがあれば、そこに注力し短い人生を苦しんだり楽しんだ理しながら全うしたいと思います。

私がなぜこう思うか。それは、自分の夢を成し遂げたいと礎を作り今がある人たちの輝きを見ているからです。

情熱を注げるもの、そして社会に必要とさら貢献できているという感覚を味わう仕事、そんな仕事を自らが作り出せることは至上の幸せだと思っています。
年齢という切り口でみれば、研究結果には納得。

逆に年齢という要素に関係なく
20代であっても60代であっても成功する方は、
「自己学習能力」が高い方だと思います。
あくまで経験則ですが。
記事を最後まで読めていませんが、厳しい言い方をすれば、くだらないの一言。

年齢と起業の成功に相関があったとして、その要素に掘り下げる事は意味がありますが、年齢と言う一軸で物事を捉えるのはミスリード。ダイバーシティを叫ぶ中で、性別で起業の成功を語る事と何ら変わりない。

例えばこれが、「社会人経験の長い、年配者は初期資本が高く顧客を最初に持った状態で起業できるので、成功の確率が高い」ならわかります。それなら、若くともお金を調達し、学生の時から人脈が有れば成功できることになります。

年齢、性別、性格とかは、それだけでは空っぽなので、それ自体はあまり意味がないと思います。
自分も40代で起業しましたが、実力も資金力も人脈も20代の自分とは比べものになりません。ただ子供がいて妻も働いていると、思うように時間が取れないのも事実です。でもそれもお金(アウトソーシング)である程度解決できるので、やはり40代の起業は全然ありです。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン