新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回のコロナでの対応の酷さの主因は、安倍政権の賞味期限だと思う… ダイヤモンドプリンセスの現場の政治家や官僚たちは充分な権限がないなか法令の中でできることをやってると思う。危機に直面するなか重要なのはトップのリーダーシップ。今の安倍政権はポスト安倍を睨んでの足の引っ張り合いばかりでマトモに機能していない。元々、危機に強いのが強みだったけど今は全くダメ。
安倍首相、今回の25日の基本方針決定で、まだ、習主席の国賓来日を諦めていなかったら、もう安倍政権も終わりかもしれませんね。
ダイヤモンドプリンセス号の件は、イギリス、アメリカとの調整があったから日本だけのせいではないですが、それ以外の感染者は、やはり中国からのインバウンドを重要視した、ざるの入国制限が原因だったということは、札幌の雪まつりを発生地とする感染者が多いことで分かった筈ですから。
いままで「基本方針」がなくて対応してきたのか、つっこみたくなる。
安倍政権が官僚機構に対応を任せたのがまずかった。

たとえば、クルーズ船の件で、船籍がイギリス、運用がアメリカ企業であることが対応を難しくしたという意見があるが、本当にそういうことがあったのなら、それが障害だと分かった時点で、トップ(安倍首相)がイギリスとアメリカのトップに直接連絡して、日本の検疫アクションに完全に従ってもらう(現場の船長は日本側に全面的に従う)旨の担保をもらうべきだった。
25日、、、日本は始めるのがなんでも遅いです。
しかし、一度決めたらしっかりとやりぬく国でもあるので、なんとか挽回してほしいです。
もんくや不満を言ってもしょうがないので、応援するしかありません。