新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
競合を減らす、停留所再配置による利便性向上、バス車両の見直し、人員の適正化など、バス事業の経営改革は待ったなしです。が、そもそもは少子高齢化、過疎、軽自動車普及などによる需要減退があります。
クルマを運転できない、送り迎えしてもらえない学生と高齢者のドアツードアの移動はどうあるべきか抜本的な改革が必要です。
公助に加えて、自助、共助の仕組みづくりが求められます。いま、そんな地域の取り組みを取材しています。
広い意味でB2Bのシェアードエコノミー。規制しすぎでしょ「重複路線の効率化で浮いた人員を他路線に振り向けたり、利用者の少ない路線は自治体と連携して乗り合いタクシーなどの導入を促したりする方針だ」