新着Pick
553Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
様々なところで発言・検討されていますが、歩行者などがいない高速道路区間だけ自動運転による運送というのは十分ありえると思っています。
運送ドライバーの業務は運転よりも積荷管理の方が多いような。

自動運転じゃなく、積荷管理と荷物上げ下げが自動化できると相当楽になるんじゃないですかね。
マーケターだとかドヤ顔する奴に限って、びっくりするくらい物流のこと無知なのが多いよね。商売の基本は物流であって、よくそんなの知らないで偉そうな顔しているなと思います。
将来的に完全自動運転が実装されるにしても、当面物流は人間に頼るしかないわけで、物理的に長時間労働にならざるを得ない以上、賃金は高くならないとおかしい。何度も言うけど、いくら「マーケティングだ、ブランディングだ、生産性だ」とかほざいたって、モノが届かなければ商売にならない。
配送費無料というものは再検討すべき時にきていると思う。

あ、ちなもに僕は物流業務を3年間やってましたよ。
これからトラック運転手を目指そうという人もなかなか出てこないだろうしねぇ。
トラック運転手の仕事がもっと魅力的に感じる施策をやらないと、トラックに物流の7割を依存する日本は危機的な状況に陥ります。
多くの人がそのことを分かっているのに、その点を直視せず、今日もネット通販サイトを見て、「送料無料」の宅配荷物を注文しています。
どの業界も同じらしい.国際民間航空機関(ICAO)によると,航空輸送はその需要の増加によって,2017年から2036年までの20年間に,全世界で約60万人のパイロットが不足すると試算されている.いわゆる「空飛ぶクルマ」などによっても航空機は増加の一途をたどる.
それで,省力化/省人化技術の研究が進んでいるわけです.
”崩壊”はしない.徐々に変化する.
無理に継続するより、これを契機に「無理しなくてもよい物流」を再定義できれば、すばらしいですね。

日本は鉄道も、かなり全国で整備されているので、うまく鉄道と連携して、ラストワンマイルは、自分で取りに行くとか…

そんな簡単なアイデアでは解決しないことは承知の上ですが、今のまま、無理を続けるのではなく、工夫しましょうということです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人力に依存した流通業界ならではの課題だと思います。テスラのトラックを大量に購入して、トラックの自動運転を積極的にやりはじめる運送会社が現れたら、たぶん圧倒的にNo.1になれる可能性を秘めている。
人が動く。物が動くとのバランスは今くらいもしくは少し人が動くが増えてもいいかも。