新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
震災の時は自粛+国内サプライチェーン寸断により買いたくても買えない影響でしたが、今回は感染の恐怖や食い止めによる活動抑制という違いがあります。
加えて、震災時に比べてインバウンドの規模が大きくなってますから、サービス輸出の影響が圧倒的に大きいと思います。
311後の自粛は不必要な自粛でした。今回のは自粛というより、措置。だけど、措置を擁する根拠、データがあいまいで、不安が高まり、思考停止して活動休止、と見受ける。活動再開の見極めが難しそうです。
まだその影響が現実にどの程度となるか見通しが立たない前提で、現時点で最悪と思われるシナリオが示されることは悪いことではない。むしろ懸念を先送りして楽観視してしまうほうが後の反動が大きい。
東日本大震災後の自粛は道徳心というか、世間体によるものだが、今の自粛は恐怖や自己防衛によるものである。当然として、人々の徹底度合いやマインドは全く異なる。足元の行動は自粛という言葉も適切でない気がする。萎縮、退避が近いか。経済への影響は、東日本大震災とは比べものにならないほど大きいと、肌感覚で感じる。
既にサービス業では驚くくらい大きな影響の業績速報が届いています。早く終息宣言が出る事を望むばかりです。
この騒動の終息の仕方は,感染者数が多くなり,いちいちどこで感染者が出たかを新たに発表する意味がなくなった時か,気温が上がってウイルスの勢いが鎮まり消滅したように見えるようになったときでしょう.
ウイルスを頑張って抑えれば抑えるほど,あるいは春に向かって気温が徐々に上がって感染者数が増えもせず減りもせず,なだらかに変化しているうちはニュースになり続ける.
次の冬の時はただの風邪となって,多くの人は忘れている.
東日本大震災よりも影響が大きいという指摘も。なかなか外を出歩こうという気持ちに実際自分もなりません。
敵(ウイルス)は見えないからね 戦うのが難しそうですね
私の周辺ではかなりの影響が出ている。
私個人としては経済が減速した方が仕事は増えるし、より有利な状況になるのだが、流石に心配になる経済状況ではある。
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
2.42 兆円

業績