新着Pick
319Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高高度滞空型無人航空機を使った携帯基地局構想で「HAPSアライアンス」結成。
https://www.hapsmobile.com/ja/news/press/2020/20200221_01/
12社とは
Alphabet子会社のLoon
AeroVironment
Airbus Defence and Space
Bharti Airtel
China Telecom
Deutsche Telekom
Ericsson
Intelsat
Nokia Corporation
ソフトバンク
Telefonica S.A.

一番の目的は国際電気通信連合への電波の国際標準化の働きかけでしょう。機体システムは競争するが、電波は一体となって標準化運動。

【補足】記事と関係ないですが,「航空機」と「飛行機」は違います.「航空機」は空気より重い「重航空機」と空気より軽い「軽航空機」に分けられ, 重航空機には「飛行機」やヘリコプター,マルチコプター(いわゆるドローン)が含まれ,軽航空機には気球や飛行船が含まれます.
細かいのですが,「高高度滞空型無人航空機」と言った場合(少なくとも私が言った場合),Loonが開発しているような飛行船や,また気球も含まれます.
東芝も、タンデム型太陽電池で、貢献しようと
考えています。


https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/spv/1901/22/news035.html
モトローラのイリジウム計画から30年。Alphabetの子会社やChina Telecom、テレフォニカ、インテルサット、ノキアらも参加するという。これだけ集まれば今度は行くかな。米Verizon、AT&T、英BT、仏FTの動きが気になります。
これが実現できれば、基地局設置のための陣地(塔を設置するための、物理的な土地)取り合い競争は軽減されそうですね。

そういった意味では、一番悩んでいると思われる楽天さんが参加されていないのが意外でした。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
2023年か。UBERの空飛ぶタクシーも2023年スタート予定だし、ARグラスも普及し始めていそうだし、イノベーションのインフラはまだまだ広がりますね。
「ソフトバンクは21日、欧州航空機大手エアバスの軍用機部門など計12社が参加する連合を立ち上げると発表した。基地局を載せた無人航空機から広大な範囲に電波を発信し、地球規模でインターネットの接続環境をつくる構想で協力する。」
夢のある構想ですね。ここにビジョンファンドのお金をつぎ込めばいいのにと思います。
「空飛ぶ○○」もっと増えますね
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.92 兆円

業績