新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルもFacebook同様、公的機関の規制がかかる前に先回りしようとしているのでしょう。

これが米国のいいところだと思います。

日本だと場当たり的に(行政指導などで)規制したりするので、事前に民間企業が自粛する機会がとても少ないことがほとんどです。

予測可能性というのは法律では当然のことですが、今や行政分野でもとても重要なことです。
(法律の解釈を行政が行っていますので)

場当たり的ではなくしっかりとした予告を。
そして、民間企業がきちんと吟味する余裕を与えることが自由市場には欠かせません。
独禁法対策としてあるべき検討課題だと思うのですが、ソフト重視・リカーリングレベニュー重視にさらに舵を切っている現在のアップルにとってどのジャンルをオープンにするのか、損益的にどうなのか(勝てる自身のある領域をオープンにするのか、深追いしない領域をオープンにするのか)に私は関心を持っています。
Appleによくあるのは、自社が新機能として提供した後に、競合するアプリ(ペアレンタルコントロール、スクリーンタイムなど)をポリシー違反などの理由で事後削除する。

アプリの承認基準、削除基準や理由も明確になると良いですね。
成功したブラットフォーマーは存在自体が独禁法違反みたいなものですからね。公正さに対するデリケートなケアを国家が求めるのは当然ですし、良いいことだと思います。
Appleは音楽サービスでも圧倒的な優位性がありながら、spotifyが負けずに頑張っていて、結果、ユーザー体験が向上しています。
独禁法対策。
アップルは同社製の携帯機器でサードパーティー製ブラウザーや電子メールアプリをデフォルトのオプションとして設定できるようにする可能性を検討している、とのこと。アプリ開発者にとっては朗報?
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
152 兆円

業績