新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在の状況は、記事の通り「新型肺炎に対し、確立した治療方法はまだ見つかっていない。中国やタイでは、抗HIV薬が効果を上げたとの報告も」あるが、それらの報告はすべて、十分妥当性のあるものではない、というところです。デマ情報などには、十分注意を払ってください。

ただし、以前のSARSやMERSのアウトブレイクの際にはそもそも後方視的な研究に止まった一方、今回は過去の経験と知見が活かされ、アウトブレイクの最中に複数の前方視的な臨床試験が行われています。これは、治療を確立していく上で、大きな前進と言えます。
そもそもコロナウイルスは風邪の原因ウイルスと類似しているわけで、風邪に特効薬がないことからもわかるように、飲めば劇的に良くなるような薬の開発は難しいのでしょう。

また、ビタミンCの大量摂取と免疫力に相関性がないことは数々の研究で示されています。こういうときこそ正しい情報を参照するように心がけたいですね。
3週間以内にある程度の結果がみえる予定とのこと、
まだ収束の気配がみえない中で、結果次第では重症化を防ぐ一助となりうるかも。

もちろん、それまでに収束して治療のニーズがなくなるにこしたことはないけれど、その可能性はだれにも分からないので。
まだまだ試行錯誤の段階でしょうが、できる限りの努力は続けていただきたいです。

ワクチンができるまで1年以上かかるのでは、冗談じゃなく大変な惨事になりかねませんから。
医学誌に載った2つの症例だけから判断するに
風邪の初期症状があるうちに安静にしていたかどうか(我慢して働いたりしない)で、その後重症化するかどうかが変わってきそうですね。

早めに、風邪薬を飲んで安静にしている、ことが一番の治療薬かと

https://youtu.be/IDE9277g1UU
暫定的なものでもよいので、ギリギリ抑え込めるような治療方法が確立されるとよいですね。

ダイヤモンド・プリンセス号で感染して亡くなられた方々は抗HIV薬の効果がなかったということは、本当に残念です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
国際オーソモレキュラー医学会の発表によると、コロナウィルスは高容量のビタミンCによって劇的に流行を遅らせる、もくしは感染を止めることができる。とのこと。合わせてビタミンD3、マグネシウム、亜鉛、セレンを摂取すれば、ウィルスに対する免疫機能が劇的に強化されます。是非お試し下さい。