新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日配信の記事に続き、するっと、そして中国テックでこれから注目しておくべきポイントが整理された記事。インシュアテックへの注目と「伝統的な金融機関も捨てたものではない」という発言部分には特に興味を持った。日本の保険会社等金融機関でも十分に応用できる視点ではないでしょうか。

また、本記事に登場する「メグビー」はNewsPicksのオリジナル動画レポもあります。
【最先端】中国で広がる、すべてが「顔認識」の世界
https://newspicks.com/news/3990215/

昨日配信の記事はこちら。
【新】カリスマ投資家が語る「中国デジタル革命」の最前線
https://newspicks.com/news/4646446/
とても面白かった。ほとんど意見が一致しないという意味において。謙虚に勉強していきたい。

AI(画像認識)も、ハードウェア(ドローンのDJI)も、米国筆頭に世界がテクノロジー保護主義経済、自前主義に傾くなかでむしろ苦戦している分野。ただし当たり前だが中国国内に特化するなら、そして超大国ゆえそれだけでも充分巨大化する、という議論なら一定程度の説得力はあるかもしれない。

フィンテック
世界的に過当競争なのは、国内のペイ戦争を持ち出すまでもなく自明。テイクレイト1%またはそれ以下の薄利多売、つまり立ち上がりまでに天文学的資金を要する、ということは(資金力が弱い)スタートアップにはそもそも適さない、ソフトバンクのようなメガが勝つゲーム。
もっとも中国ではペイメントはとっくに勝負あった、でそれ以外のサブセクタのゲームが今なわけだが、基本的差別化用意が難しく過当競争である点は同じ。

教育だけは4つのうち、まあそうだろう、程度には唯一賛同した。
決済とAIという観点から注目の企業はメグビー。そのFace++は顔で決済できるというもの。「顔がきく」というアナログの世界をデジタル化しています。

アントフィナンシャルはすでに超特大のユニコーンですが、そこの「定損宝(ディンスンパオ)」という自動車損害保険がユニーク。わずが6秒で自己査定するという優れもの。

IoT決済、IoT+FinTechでは、中国が相当進んでいると感じました。
2日目は、注目の中国企業について、4つの領域に分けて具体的に教えてもらいました。私が特に気になったのが、宿題お手伝いの「作業幇」。使ってみたいです。
中国からの視点で世界を眺めると新たな世界がありますね。
米vs.中という構図の流動的な要素はあるでしょうが、肌感覚としては納得できる4要素です。マーケットが国内だけで巨大だという強みとプライバシーがイノベーションを阻害しない強み?、がこれからも中国の差別化要素であり続けます。
長い目で見れば少子高齢化のインパクトは出てくるでしょうが。
教育✖️AIは
インドでもきてますね。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

業績