新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宮原さんの開発責任者の仕事は、編集長の仕事に似ているなと思いました(規模と難易度は、クルマ開発の方が断然上ですが)。安全性と機能性を備えながら、カッコよく仕上げる。ときに相矛盾するこれらのファクターを配慮しながら、何百人ものメンバーを鼓舞しつつ、ひとつのプロダクトを創り上げる。まさに神業です。
なんでフォストバックスタイルにしたんでしょうかね。
写真で見たらマニア以外インサイトと区別付かないでしょうに。

最近特に北米でセダン不振という事もあり、「セダンから脱却して自由なデザイン」的な話になるんですが。
むしろ多くのクルマが「セダンから脱却しなきゃ」「ファストバックにしなきゃ」という呪縛に囚われてるような気がします。

もっと肩の力抜いて行けないものなんですかね。
ファストバックでカッコイイクルマなんて世の中ほとんどないですよ。
クラウン始め、単にセダンの品性を落としてるだけの様に感じてます。

アコードはいつの世も失敗が許されない全力投球モデルで、駄作が無い印象です。つまり、クルマとしては恐らく良いと思います。

そしてシリーズハイブリッドかつ、高速域はエンジン動力も使うi-MMDは現時点で理想的な構成かと思ってます。

意外にメディアは取り上げませんが、ホンダはこの十数年、軸足をハイブリッドに移して、そこに全力投球してる印象です。必ずしもエンジンのホンダではありません。(ソコは欧州コンサル開発へ)
つまり、ハイブリッドの出来は相当期待していい。

アコードについては既にかなり辛口の評価(日本では売れない)があちこちで囁かれてますが、私はコレがホンダの全力投球の本丸、予算や諸事情が許せばホンダ車でベストなクルマかと思ってます。
無責任な言い方をすれば、わかってる人だけ買えばいい。

そう思います。

(アコードは北米で不動のベストセラーセダン、中国でも人気です。念のため)

※あくまで個人的な意見であり、所属する企業や組織とは全く関係ありません。情報の精度も保証しません。ご了承ください。