新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
韓国に「日本ヘイト本」があるのかないのかについて、考えたことがなかったので、このエッセイは面白かった。韓国で「日本ヘイト本」を探すのは難しいが、韓国人は友人同士の会話のなかで「ヘイト」とまで言えないが、日本人を蔑視した表現や、日本人をからかう表現はごく普通に使う。例えば「チョッパリ(豚の足) 」「島国(ソムナラ)根性の日本人」「日本文化は下品((ヤーハダ)」「日本人は狐(ヨウ)」という言葉はよく聞いた。ただ、公的な場でこのような表現を使うと韓国ではけじめのない人と見られてしまう。親しい友人同士の会話に限られる。ましてや韓国社会は本を出版する立場にあるような人には品格を求める。著者もその社会の目を気にしている。ヘイト本を出版するなどとんでもない話である。