新着Pick
397Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
夜間はむしろ、時短営業を始める前よりも売り上げと客数が増えた。このオーナーは、「『開いててよかった』という安心感よりも、『早く行かないと店が閉まる』という緊張感で売り上げ、客数共に増加した」と分析する。この話はよく分かる。
これは、キットカットがコンビニで新製品が導入後、POSデータで売上個数が減ると発売後3か月でも品揃えがカットされるので、敢えて発売後2か月でこちらが終売する期間限定を成功させたのと同じ。長く棚に置いて販売するより、いる期間しか売っていないとお客様は売り切れる前に買ってくださる。
コンビニ経営に適応するために生まれたキットカットの期間限定販売は、今やコンビニでは当たり前の販売手法。だから、深夜に閉店しても、お客さんは閉店前に必要なものは買っておこうという心理が読めないのは灯台元暮らしということだろうか? 私は、経営とはマーケティングそのもので、顧客の問題解決をし続けて付加価値を創造することで売上と利益を増大させ、結果社員のみならずステイクホルダー全体の利益を創造することだと考える。コンビニにとって、フランチャイズの店舗オーナーは社員や買物顧客と同様に重要な顧客でもあるはず。新しい現実からくる新しい顧客の問題が、既存店売上がさほど伸びない中での人手不足や人件費の高騰であるならば、営業時間を短縮しても売上が落ちずに利益確保出来るノウハウをフランチャイズオーナーに提供することがコンビニ本部の役割であるはず。オーナーに対するコンビニ本部の対応が、今後はコンビニブランドの価値に繋がっていくことだろう。
確かに本部側の発表は現状維持側にバイアスがかかっているように感じますが、一方で本部叩きありきのメディア側もかなり偏っていて実際どうなのかが分かりにくい。この数字も違う月を比べていたり、人件費がこんなに下がるのかなど何とも言えない数字。ファミマの澤田社長が「時短をした結果の売上減が想定以上で対応を検討している」という発言をしていたのは本音に感じました。ただ、「閉まる前にいかなきゃ」という心理はあってもおかしくないな、とは感じました
・本部は24時間営業で少しでも粗利を稼ぎたい。
(廃棄が増えても、オーナーが儲からなくても)

・オーナーとしては深夜営業を辞めた方が手取りが増える。
(人件費が高騰しバイトが見つからないし)

両者の平行線はいつまで経っても交わることはないかと、、、
消費者側の意識もずいぶん変わってきている。コンビニ側も従来のやり方を見直すべき時
24時間営業は、なければないで、なんとかしようとするんですよね。
最近引越しをしました。24時間営業店舗がたくさんある便利な駅前から、同じくらい便利だけど駅から歩く閑静な住宅地です。
最悪のことを考えて、歩けば24時間営業店舗があるところにしましたが、なければないで、24時間営業店舗は使わないような生活は出来ます。

24時間営業を本当に必要とする地域はあると思いますが、コンビニ業界が成長した時と、今、そしてこれからは日本の人口構成も変わっています。
これからは何がコンビニに求められているか?再考する良いタイミングだと思います。
昨年10月に拙速かもしれませんが一度簡単な試算をしたことがあります。大筋では合っていると思いますので、ご参考になるかもしれません。
https://diamond-rm.net/market/43387/
このデータだけじゃなんとも言えないね。立地によって時間帯に応じた客数や単価が違うし、そもそも異なる月を比較してもなぁ。ただ時短実験の結果は公表すべきだよね。各オーナーに選択肢は示した方がいいだろう。ただし、セブンのFC契約では24時間営業では免除されている追加のロイヤリティが発生するけどね
実際に時短営業実験に参加したオーナーの収支を入手したとのこと。消費者心理って面白ですね。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.22 兆円

業績