新着Pick

貴族のような生活なのに幸せでない現代人の闇

東洋経済オンライン
私が子どもの頃、コンビニエンスストアなどはまだ周囲に見当たりませんでした。当時は24時間やっているお店などどこにもなかったし、正月になるとどの店も閉まっていて、買い物も満足にできない状態でした。それに…
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
裕福な時代になったからこそ、悩む暇ができてしまうのです。

悩みが深くなると自殺する人が出てきます。

朝から晩まで(ほどほどの)忙しさの中で生きている方が、悩んでいる暇がなくなります。

日曜日にあれこれ悩んだり漠然とした不安にさいなまれる人・・・いらっしゃるんじゃないでしょうか?
人間は変化分に幸せや不幸せを感じるので、自分が坂を登っているときは幸福です。むしろ、絶対値が低いときの方が上昇分の変化率が高くなるので、幸福感も増します。

この間Exit済みの元金融パーソンが言っていたのは、「Moriさんね。純資産がないときから1億円を築くときと、純資産が一桁億円後半のときに6から7になるとか7から8になるのは、意味が違うんだよ。お金の価値というのは逓減していくのだよ」
物質的な豊かさとか、人よりも先に教養を付ける意識は、幸せを産まずに搾取される、だから半歩あえて遅れて進もうというような話でしょうか。

動物は変化しか捉えられないので、昨日も豊かなら今日が豊かでも幸せは感じないと思います。

大事なのは、緩急をつけることな気がします。変化を自らつけていかないと昨日と似た今日を過ごすことになるので
人は無い物ねだりですからね。手にした途端に手にしてないものが欲しくなる。満たされることなんて一生ない。だから今ないモノ、コトにばかりに執着しても仕方なくて、今あるものに感謝して生きることが大切ですよね。
将来についての不安がどうしても拭えないなら、自分を含めたあらゆる人がこの瞬間にでも人生を終える可能性があることに目を向けたらどうか。先を考えすぎて今を疎かにするのが滑稽に感じられるのではないかと思う。
〉能動的に活動しているようで、実は受動的。

意識高い系(笑)のような、参加しているだけの人を思い浮かべました。学や経験から自分の何につなげるのか、自分の価値基準で決めた目的ではなく、誰かが決めた価値基準を越えるための手段になってしまっています。

〉教養はそれを身につけようとして得るものではなく、結果として身につくものだと考えます。
〉立ち止まることができる力こそ教養である

自分の今の状態を立ち止まって振り返れることが教養だと考えると、教養は「これが教養だ」と決めつけられるものではなく、自分の振り返りの質を高めるために必要な教養を選ぶことが大切になりそうです。
教養として古典、歴史、哲学が強調されるのは、何にでも通じうる普遍性を持っているからですが、相性などの問題で自分の振り返りに使えないものであれば、無理して習得する必要はないかもしれません。
自分に必要な教養と社交の場で必要な教養は別物です。
どんな生活でも、慣れて当たり前になったらそんなもんだと思います。
口座は潤ってなくっても結構幸せです🎹💓

本格的にフランス人っぽくなって来たのだと思います🇫🇷