新着Pick
1073Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファクトレスな社会という不都合な真実を受け入れてこそ、自分や他人のバイアスに気付くことができる。

例えば、温暖化の問題もバイアスが関わっているそう。認知心理学の実験で、元々、温暖化を信じている人に、温暖化の証拠を見せると自分の意見を強めるけど、温暖化は地球の自然な気候変動のような証拠を見せても意見は変わらない。逆もしかり。
自分が信じている意見に都合の良いファクトだけを取り入れるという確証バイアス。

ファクトフルネスが流行ったのも、多くの人が認知バイアスから逃れられず、不合理な選択をしてしまうことの裏返しかなと。

(参考)
‪事実はなぜ人の意見を変えられないのか
https://www.amazon.co.jp/dp/4826902131
楽天の送料無料の件がなぜに大きな問題なのかがあらためて。
子供のマシュマロテスト(将来期待のために我慢できるか)が有名だが、大人でも同様というのが無料の実験だと思っている。カードローンなど高金利商品が儲かるのも同様。
消費・購買の判断は、大部分の人が本能的にやっている。目の前に欲しいものがあり、それが分かりやすく手に入りやすい(値引き、お金が手元になくても買える)と、実際には経済的に合理的でなくても手が出る。
逆に販売者側は、それを活用して色々なキャンペーンを展開して、消費・購買を活発化させようとする。そして販売者側は本能ではなく準備ができるからそれができる。消費者側としても準備したり、一旦落ち着いて考えることが重要だと思っている。
FinTech業界でも「無料」というキーワードでユニコーンになったところが多い。投資のロビンフッドは株式とETF手数料を無料にして革命児になりました。チャレンジャーバンクのリボリュートはデビットカードのクロスボーダー手数料を無料にし、株式やビットコインの取引手数料無料で急拡大しています。

「無料は感情のホットボタン」まったくその通りですね。人は不合理で動く。

楽天が「無料配送」を打ち出そうとした理由は、そこにあったのでしょう。
予想通りに不合理は行動経済学をわかりやすく紹介した本として鮮烈な印象があります
普通の経済学よりも実務にも活かしやすい
例えば料金プランを提示する際に「おとり」を作るだけで選ばれ方が変わる、という事例は最たるものですね
詳細は覚えてないですが、雑誌の値付けで、ネットのみ40ドル、ネット+紙80ドルの二パターンだと前者が選ばれるが、紙のみ80ドル、という3つにすると、ネット+紙プランが選ばれるようになる、というのはとても面白いですよね(数字とか違うと思いますが)
> 値段ゼロは単なる値引きではない。ゼロは全く別の価格だ。2セントと1セントの違いは小さいが、1セントとゼロの違いは莫大だ。

人って不思議ですよね。ぜんぜん合理的じゃないのに、合理的であるとする。合理的でないことご合理的。不思議なトートロジー
人間は経済合理性を理解してるのに不合理な選択をするという実験も含めた面白い研究。
先延ばしの話もその通りで面白い。だから人間なんだろうなあとも思う。
前職の組織人事コンサルティングメソッドも、行動経済学は大きな影響を受けていました。人は合理的な経済人ではない、という前提をまず持たないと、組織変革など扱えないからです。当時は代表の小笹氏がわかりやすく「限定合理的な感情人」と表現していました。この領域は奥深いですよね。
個々でいえば、自分が合理性を欠いた面があり、その時々の刹那的な感情で動くことについて、まずは認めることが重要だと思う。兎角他者に対しては不合理で感情的と揶揄しがちな割に、自分がそうであると認め難いのも人間の性なのかもしれない。
「無料」が非合理的であるにもかかわらず、つい買ってしまう理由はわかりますよね。要らないのに無料だとつい手にとったりするケースはありますよね。
大盛り無料、送料無料、ノベルティ、チラシ付きポケットティッシュ、タダコピ、雪マジ。。。

消費行動と行動経済学をもっと紐付けて勉強したいですね。
セブンイレブンの鈴木敏文社長もまさに行動経済学にはまりここまで成長させたカリスマ経営者の一人です。『消費は経済学や経営学ではなく「心理学」で考えなければならない』というのはまさに行動経済学のことだと思います。
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。