新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1996年当時の日本オラクルの新卒初任給が28万で、正直会社の事はよくわからないけど初任給高いのは嬉しいなと思って入社した記憶はあります。もっとも手取りとなると、各種手当有、残業ありの日本企業に入社した人たちの方が多くて、「えっ」となりましたが。。この記事を見て思ったのは、25年経過しても思ったほど給与水準は上がってないんだなという事です。
1万円の差分だけを見て優秀な人は動かない。
明確なキャリアパスとか、10年後にこの会社に入るとどうなるのかを示すことが重要。

そして辞めていくことを美徳とするくらいの思い切った発想の転換が必要だと思います。
初任給を1万円上げて主要行でトップクラスになっても、就活生はほとんど気にしないと思います。

そもそも日本の会社の初任給は、年功賃金制のために低く抑えられています。

終身雇用が崩壊すると言われている今、重要なことは年功賃金制に基づく給与体系を抜本的に見直すこと。

「成果次第で20代でも年収1000万円」とかならインパクトがあります。
サンフランシスコが全米を代表しているわけではありませんが、所謂Tech企業の最低限の賃金は1500万円くらいでしょう。

スタンフォード大学が規定する「低所得者層への授業料免除のための家庭総所得額」は約1400万円だったと思います。

「カリフォルニアだから、そうなんだろう」ということはあります。しかし、そこまで桁違いであるということは知っておいて損はないと思い書きました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
米国ではこの金額、最低時給以下ではないかな。日本の安い物価でも実家暮らしならともかく、1人で東京で暮らすのは大変そう。
基本給24万円が高いか安いかではなくて、そもそも銀行に人が集まらないんだな、ということを読みとるべき。

そもそも銀行員にとって基本給は最低保証みたいなもんで、ボーナスとインセンティブでしっかり稼ぐもの。そもそも他国に出ていけない人材を相手にしてるのだから、アメリカとの比較なんかも無意味です。
の一方で、中高年正社員の賃下げに繋がらなければいいですが。
あおぞら銀行が2020年4月入社の新卒の初任給を一律で1万円引き上げるとのこと。前年も一律2万円を引き上げており2年連続の賃上げ。基本給24万300円は、あおぞら銀によるとメガバンクを含めた主要行の中ではトップクラスの水準。
労働に対して賃金が見合ってないと思うから入社しないのであって、一律って全社員2万円上がったとして、離職改善されたんですかね
どういうペルソナなのか…
株式会社あおぞら銀行(あおぞらぎんこう、英称:Aozora Bank, Ltd.)は、東京都千代田区に本拠を構える普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
3,202 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン