新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、訪問診療医・尾崎容子氏の第2回です。家族の死の瞬間を逃すと、悔いを年単位で引きずってしまう。そのため、尾崎さんは「もうそろそろ」という時、ある言葉をかけます。救われる人が多いだろうと思いました。
---
高齢化社会日本。2025年には年間150万人以上が死亡し、ピークとなる2040年には168万人が死亡すると予測される。介護や看取りはもう他人事ではない。そして、自分自身もいつかは迎える「死」。

もう積極的治療は難しく余命を考えるようになった時、あなたはどこで最期の時間を過ごしたいだろうか。

訪問診療医の尾崎容子氏は、人生の終末期を自宅や施設で過ごす人を支え、多くの人を看取ってきた。最期までその人らしく過ごせるように寄り添い、支える家族や周囲の人に「看取り勉強会」を開く。

「知らないことで不安になる。身体の弱りや死について、きちんと知識を持つことで不安は減ります」と語る尾崎氏の看取りのあり方とは。(全7回)
人生最期の瞬間に向かう過程を誰と過ごすか、どのように過ごすか。本人にとっても遺される家族にとっても大事なことと思います。
介護の仕事で、一緒にお母様をお看取りした娘さんがいました。1年経った時、現役の介護家族の皆さんの前でOBOGをお招きして座談会形式の家族会を開催した時、娘さんが「1年経っても消化できていない、今でも部屋に母がいるようだ」とおっしゃった時、自分の仕事の制度的限界と、看取り後のグリーフケアの重要性を痛感しました。10年以上も前ですが。。。
父親の死の受容ができず、遺された母親に転換して共依存状態になるお子さんもいました。。。
看取りはまだまだ専門職のものになってしまっている気がします。もっともっと実際が広く一般の方々でも考える機会が広がればと思います。
人の弱りを日々の暮らしの中で見ることにより、自分の死に方を考えるようになります。すべての人に訪れる死を、受け入れる心構えができる。

在宅医療の大切さがよくわかります。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。