新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Takahashiさんのコメントに共感。
「個々の分野でも食えるものを複数持っているゼネラリスト」が良いと思っている。それぞれを100知らなくても80知っていると、異なる領域での判断が正確になり、何が専門家に任せるべき・任せないでもできるの判断ができる。そうすると、専門家の稀少リソースも活用しやすい。
ゼネラリストが生きられるのは、昔ながらの日本企業だけではないか思うし、その企業でしか生きられない人を作っているようなものではないかと思う。
問題は日本企業にスペシャリストを養成できるケイパビリティを持った人がいないこと。
新人や若手教育のレベルは高いので、そこを過ぎた優秀な若手が引き抜かれるみたいなことが今後ますます増えるのではないか。
昨日まで営業をやっていた人が法務や経理に来るような人事をいまだにやっています。
→これは前職でも実際ありましたね。経験という名目ですが、業務範囲を拡大しているだけでキャパがついてきていないと感じました。