新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゼンリンさん。
元々は、「善隣(ぜんりん)」が社名の語源。
つまり、「隣人は善、お隣さんは良い人」ということ。

もともと、地元(確か大分)のお祭りのために、協賛金を集めなくちゃ、となった創業者が、誰が払って誰が払ってないのか?それをチェックするために、近所をくまなく歩いて、表札を確認して、住宅地図を作ったのが最初のきっかけ。

だから、住宅をくまなく人が歩いて地図をつくる…が基本なんですよね。

でも、確かにスピードは課題。
あと、冬は雪に埋もれる地域とかはどうしても季節限定の「くまなく歩き」になるから、チェックや更新が遅れたり、ですね。
一年前、Googleマップが「劣化」したと話題になりました。Googleがゼンリンの地図から自社製のものに切り替えたことが原因です。
ゼンリンの地図は、毎日1000人もの調査員が一軒一軒歩いて情報を収集しています。だからこそ世界でも類をみない緻密さですが、一方でコストもかさみます。これからゼンリンはどう戦っていくのか。社長にお伺いしました。
「緻密さをとるか、鮮度をとるか」という
問いかけはもうすぐ意味のないものになると思う。

なぜなら、鮮度(更新頻度の高さ)は、精緻さ
に向かってまっしぐらに進む王道だからだ。

さらに、自動運転が社会のデフォルトになれば、
更新頻度は限りなくリアルタイムであることが
求められるようになるのは明らか。

不動産の評価を行うのに、ゼンリンの地図は今は
役に立っているが、これも登記がデジタル化され
売買や賃貸の取引データが効率的に利活用される
環境が整備されてくれば、必ずしも必要ではなくなる。

守りに入ったら負け。テクノロジーと資金力が世界を
変える局面に入った、ということがよく分かるインタビュー。
ゼンリン片手に、一軒一軒、取材して回った記者も多いのでは…。表札データが入ってるのは、すごいなと当時思いましたが、一方で人海戦術による多額のコスト構造はなかなか変わっていないようです。
地図に限らず「品質」の要素はいろいろある。そして品質が良い=安心できるということだと思う。
ディスラプターは、得てして最初は正確性とか耐久性などで劣る。一方で失うものがなく、成長しているから、内部組織の意思決定サイクル含めて早さでは上回ることが多い。
地図やコンテンツにおいて、特に変化が早い場合は、更新サイクルが早いことは競争力。同じタイミングだと正確性で負けても、世の中が変化する中で更新が遅ければ、最初はあっていたものも間違いになる。
そして更新サイクルが早い=試行数が多いので、その間に根本的な正確性や網羅性も上がることが多い。
ゼンリンにしかない地図に関する情報やデータ。そこへのこだわりと悩みが感じられる内容でした。一方で、Googleの情報更新の速さにもおどろいたゼンリン。今後、どうなっていくのか興味深い会社でもあります。
緊張感が漂う取材風景ですね。読み手もピリピリしてきます。
個人的な話だが、かつて10年以上前、証券会社時代に足で稼いでいた頃はゼンリンの地図は手放せないありがたい存在だった。それがこのような記事内容で書かれるようになるとは、10年ひと昔、時代の流れを感じざるを得ない。
Googleマップ劣化は話題になりましたが、それ自体で手離す理由とはならず結果的に更新頻度の速さでリカバー。あくまでGoogleマップ側の立場になると、付加価値に依存せず本質価値を貫くのが凄いです。
亡くなったクリステンセン教授が破壊的イノベーションのケーススタディーとして取り上げていただろうと思わせる、典型的な現象ですね。

ゼンリンは顧客の本当の困りごとは何なのかを探索し続けなければなりません。それを見誤るとニッチ戦略すら成り立たなくなります。エンドユーザだけでなく、地図を使っているもしくは使えばサービスレベルが上がるプレーヤーを観察し続け、新しいマーケットを想像してほしいものです。

今まで想像もしていなかった顧客が登場しますよ、きっと。
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別レポート
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.18 兆円

業績

現在の社長は和田英将 ウィキペディア
時価総額
609 億円

業績