新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文中の北口は私の元上司で、鉄道会社の人間としてはかなり異質かもしれませんが、私が最も尊敬するリーダーの一人です。
「阪神」と聞くと、関西では庶民的なイメージ、全国的にはタイガースのイメージがやはり強いと思いますので、あえてその看板をブランド名から外すことで成功している事業も多くあります。
このビルボードもそうですが、リッツ・カールトン大阪も実は阪神電鉄のグループ会社が運営しているのですよ!
ビルボードライブは東京大阪に続き、2020年4月に横浜にも進出しますので、皆様ぜひ一度は行ってみてください!!
阪急阪神グループは、鉄道や百貨店事業をまずはイメージされると思いますが、不動産事業や、記事にもあるように宝塚やビルボードなどのエンターテイメント、阪神タイガースももちろん、関西圏の文化を様々な角度から支えています。

西梅田にあるビルボードにはしばしば訪れるのですが、お酒を飲み、食事をしながら好きなアーティストの音楽を聴ける最高の空間です。その裏側を少し覗けることができて、関西人として嬉しい記事でした。

ビルボード、もしまだ訪れたことのない方は是非関西圏でもそうでなくても足を運ばれてはいかがでしょうか(^^)
ビルボード、ハービス・エントなど西梅田一帯は上品な大人の街として独自の特徴があると思います。阪神というと、タイガースや阪神電車の庶民的なイメージが強いので、ビルボードなどの文化と繋がらない人も多いかもしれませんね。
意外でした。鉄道会社ならビルボード(屋外広告看板)なんて当たり前と思い記事を読んだらエンタメ店舗の「ビルボード」のこと。まさか阪神電鉄がうんていされているとは。

思えば電鉄会社は西武も東急もいろいろ展開しています。流通に文化に住宅。人を運ぶだけでなく、人生のいろいろも運んできているのかと。奇しくも私、2007年のスティーリー・ダンにはビルボード東京で見ていました。今、しみじみしています。ちなみに毎年一度足を運ぶブルーノートNY本家よりビルボード東京の方が広くて清潔感があります。どっちがいいかは個人の嗜好。フードは東京の方が美味しいですね。ブルーノートだと消極的選択でハンバーガーとフライになってしまうから(笑)
ビルボードライブ東京の雰囲気は都内になかなかないので大好きです!行くたびに音楽との新しい出会いを提供してくれます!4月にオープンする予定のビルボード横浜も楽しみにしてます!
六本木のビルボード。CiP協議会と連携し、ライブ体験を拡張する「LIVE MUSICハッカソン」を開催してきました。テック&ポップを融合させたサービスと人材を発掘する事業で、実用化されたアウトプットもあります。なかなか攻めます。阪神。
ビルボード、阪神だったとは!
ブルーノートから変わったの覚えてます。
なぜ今記事が?とおもったら横浜にできるんですね。
また行ってみたいなー
兵庫県民なのでいつもお世話になっております。
新卒の就活時代、阪神電鉄の説明会にも足を運んだので懐かしい。このビルボード事業と登下校ミマモルメが印象的でした。関西私鉄は阪急がブランド力があり、阪神と京阪がチャレンジャーのイメージがあります。
飲食とセットのラグジュアリーなライブハウスと、データオリエンテッドなチャート提供。今や日本の音楽シーンに欠かせない存在ですね。何故、阪神が?とは以前から思ってましたが!謎が少し解けました
「らしからぬ」って失礼な。鉄道事業って大なり小なりそんなものじゃ。
阪急阪神ホールディングス株式会社(はんきゅうはんしんホールディングス、英語: Hankyu Hanshin Holdings, Inc.)は、阪急電鉄・阪神電気鉄道・阪急阪神不動産・阪急交通社・阪急阪神エクスプレス・阪急阪神ホテルズおよびこれら6社の子会社を統括する持株会社。阪急阪神東宝グループの一翼を担う「阪急阪神ホールディングスグループ」の中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,243 億円

業績