新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロンドンやパリやニューヨークの高級百貨店も、海外からの渡航客によって支えられています。日本の百貨店はむしろ同じ恩恵に浴するタイミングが遅かったとさえ言えます。
それにしても、このタイミングでの旅行客の減少は手痛い。
インバウンドは、大阪を最後に帰る人が多く、関西空港から帰国する。その出国者数は2018年で7,601,739人の 全空港中2位 となっている。

そのため、最後にお土産を買って帰る需要で、難波などの百貨店は賑わっており、免税カウンターでは長蛇の列が続いていた。

しかし、今ではその列も途切れており、あの賑わいは、中国、韓国頼みだったインバウンドにより大きな打撃を受けているのは事実。

他の国から増やすといっても、香港、台湾、より来日数が少ない国は、ひと桁来日数が違う。

今後、さまざまなリスクを考えると、成長めざましい東南アジアからの旅行者の受け入れを早急に増やさないといけないですね。


——引用——
大阪観光局の推計値によれば、2018年度の来阪外国人旅行者数は約1141万人。2018年度の訪日外客数は約3119万人だから、全体の3割以上が大阪を訪れた計算になる。高島屋(「高」の文字は正確には“はしご高”)の大阪店が2018年2月期売上高で同日本橋店を抑え66年ぶりに1位に返り咲くなど、2018年は大阪の百貨店の好調ぶりを象徴する年だった。ところが、2019年夏から、インバウンドを取り巻く状況は変調をきたしている。
訪日客で潤っていた百貨店や観光産業は、足腰の弱い「他力本願」体質でした。
インバウンド需要がなくなれば、一気に業績が落ち込んでしまいます。

高松の丸亀町商店街は、その周辺に出先機関を中心としたビジネス街が集中しているからこそ成り立っていると思います。

高松は四国の玄関口として国や大企業の出先機関が存在し、丸亀町商店街の周辺に密集しています。
当然、人の流れも良く、それなりに潤うようにできています。

私が長銀の行員、司法修習生と2度に渡って高松に住んでいたとき、既に車中心社会ではありましたが、丸亀町商店街の人の流れは良好でした。

同じ条件が整っていない他の地域では、ちょっと真似はできないと思います。

今回の新型ウイルスを機にインバウンドだけに依存しない体質に変わらなければならないのですが・・・「言うは易く行うは難し」ですね~(^_^;)
元々内需だけでは百貨店というビジネスモデル自体が厳しく、インバウンドだからこそ「好立地×百貨」が活きる要素でもあります。大阪はIR構想もありますし、足元の逆風乗り越えて欲しいなと思います。
今、京都に来てますが、驚くほどガラガラです。
いかにインバウンドが凄かったか実感しています。