新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「これまでは入社後の勤続年数に応じて社員を8つの階層に分け、年数が長いほど給与が上がる仕組み」とあるが、これは全く年功序列でなく、「年」序列でしかない。文字通りの年功序列で運用されるなら、優秀な人材の不満も減るのでは無いか。
シンクタンクのプロパーはかなり前からそうなってます。
年功序列は評価していない事と同義だと思いますので、成果や貢献に対して何かしらの形で評価する仕組みの導入はあるべき姿だと思います。働く上で給料が全てでは無いですが、働きがいの一つに組織への貢献に対するフェアな評価という要素は重要です。
製造業の『年功序列』体制もメスを入れて欲しい。

特に、国内市場を主戦場とし、緊張感の欠如した"総合電機メーカー"ほど顕著である。
年功序列であるものの、在籍年数≒能力とならない組織体制。
既に崩壊して久しい終身雇用に、胡座をかいて研鑽に励まない構成員(大半は自身の安定志向のためだけにメーカーに就職しているので、熱量もなし)
高度成長期の、過去の成功体験だけが仇となり、勘違いなプライドだけが蔓延している。

日本の製造業の凋落は、ここにある。
今更こんなことがニュースになるなんて!
お手盛りではなく、ドラスティックな賃金体系を変更するのは、言うよりかなり難しい。
第一生命がそうだとは言いませんが、こういう口当たりのいい変更は往々にして結果としての賃金カーブを寝かせ、総人件費を下げるケースが多いです。
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
1.69 兆円

業績