新着Pick
539Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
納得のアンケート結果だが、コロナウイルスが猛威を振るう、いまこのタイミングでは周囲への配慮がやはり必要。管理職がまずは行動で示すべき
発熱の線引きをどこでするかは普段から難しいわけで83%という高い回答割合が出た背景には質問の仕方も少なからず影響していると思います。
えええ、やめてください。。

これだけ連日注意が呼びかけられているのに、中華圏でない国ではトップ感染者数の日本。体調不良で出社する理由はあるの?と社内で当然認識してくれるようになればと思います。
わかります。特に新卒のときは有給付与が入社から半年後だったので、辛かった。重めの食中毒になり、仕方なく休みましたが1日休むごとに1万円の減給だったのできつかったです。

新卒でなくてもなんとなくの雰囲気で行かなきゃいけないと思う気持ちも理解できます。きつくても出社しようと頑張りすぎた結果、いまの会社でも行かないとどこか罪悪感を感じてしまう(NewsPicksは普段からスーパーフレックス、リモートOK)自分にあきれてしまいますが、最初についた癖はなかなかとれないものですね。
243人の回答では、何とも言えませんね~。

ただ、現時点で調査をすれば回答内容は変わるはずです。

厚労省が「37度5分の熱」と定義しているので、38度の熱があって出社するのはウイルスをバラ撒きに行くようなもの。

37度5分どころか37度以上の熱がある人は、社会のためにも出社を控えて下さい。
コロナウィルスもインフルエンザも基本再生産数(1人の患者が他の人にうつしてしまう人数)は2と言われています。

もしもコロナウィルスやインフルエンザで体調不良の方が出社すると、計算上はそれを2人に広げることになります。そのままどんどん広がることは会社にとって損失といえます。

風邪かインフルエンザかを気にする組織が多いですが、この2つを区別する意味はありません。風邪症状がある方はいずれにせよ他の方にうつす可能性があるため、インフルエンザであろうとなかろうと出勤は控えるべきとの認識を広めて欲しいです。

ましてコロナウィルスが今後拡大するのか収束するのかわからない今、体調不良にも関わらず出勤することは日本国としての損失及び恥に繋がります。
もう少しN数が欲しいですが、Sick Leaveの導入をもっと多くの企業に検討してほしいです。
病気に備えて有給休暇を残しておきたい、ということでちょっと体調悪くても行くと言う声をよく聞きます。あとは皆さん書かれてますがマネジメントがどう働きかけるか、が一番大事です。

"そんなこと"の程度は人によって全く違うのに、個々人や会社の価値観を押し付けるのはちょっと残念な感じですよね。
職場の管理者が、医師による診断がないときに、部下の体調不良を、コロナウィルスによるものと見なして、部下の出勤を禁じることはできるか?

そのとき、管理者が命じた勤務の制限にもかかわらず、賃金カットは許されるか?

今回、自己判断で出社を止めた人は、有給を取得したり、賃金カットを甘受しているのだろうか?

各社の取扱いはどうなんだろうか?
もと資料にあたったほうがよさそうです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000039106.html
これぞアンケートマーケティング。アンケートはかなり安価で数百人、数千人のサンプルが得られます。知りたい事をさくっと調べてこれだけのPR効果
"転職支援サービス業「ワークポート」のアンケートで分かった"