新着Pick

理系が外資コンサル・金融へ行く理由

Hiro Ono's Odyssey
何気なくこんなツイートをしたところ、思わぬ反響があった。同意のリプもあれば厳しい批判も。 仮説をひとつ。 近年の日本の科学技術力の低下は、就活における「外資系ブーム」にあるのではなかろうか? 理系のトップ人材が、マッキンゼーなどのコンサルや、GSなどの金融に流れていってしまっている。一昔前なら、ソニーや東芝や日立にいって日本の技術を底から支えた人材だ。 (続く) — Hiro Ono / 小野雅裕
159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の理系人材の活用について思うところがあったので、長文を書きました。

仮説です。近年の日本の科学技術力の低下の一因は、就活における「外資系ブーム」にあるのではなかろうか?

理系のトップ人材が、マッキンゼーなどのコンサルや、GSなどの金融に流れていってしまっている。一昔前なら、ソニーや東芝や日立にいって日本の技術を底から支えた人材だ。

個人の選択の問題と、社会の問題を分けて考える必要がある。

個人の選択としては、日本の優秀な理系人材がコンサルや金融を選ぶことに完全な合理性がある。

しかし社会としては、希少な理系人材が、本当に必要なところに行っているのだろうかという問題がある。
私(2004年修士課程卒)がいた研究室では、私より上の先輩はほぼ企業の研究開発職かアカデミックの研究者で、私より下の世代はほぼコンサル/金融/商社でした。

才能の有無もまあありますが、根本的には向いているかどうか。

外資系の魅力、お金、プライド、様々な因果の説明をすることはできますが、たくさんの人がこの時代に流れていった一番大きな因果は、文科省の大学院重点化政策の失敗じゃないでしょうか。

佐藤郁哉著「大学改革の迷走」p.274によると、大学院生は90年代に急激に増加し2011年までに約3倍の27万人に。博士入学者数はピーク時2003年の1.2万人から2018年の6000人に半減し、在籍者数は横ばいに。
https://twitter.com/nuribaon/status/1216315347759841281?s=21

結局この時代に研究職を志した人は、先輩達の背中をみて憧れを失い、それまでの情熱を失ったらカネとプライドくらいしか欲しいものが残らなかった。

そして、そもそも才能ある人は研究者になるべきなんだろうか。
物理学系の分野の話だが、最近の博士課程の学生はアカデミアと就職を平気で天秤にかけている例が散見される。このようなことは私の時代には考えられなかった。博士卒での一般企業への就職例がなかったわけではないが、そのまま研究者への道を進むより(情報が自然には入ってこないので)困難に見えたし、サイエンスをやめるのはなんだかネガティブな空気があった。この分野はアカデミアのポストが極端少ないので、私としては学生の選択肢が増えて、その中から気軽に選べことは良いことだと思っている。
ただ、教員は大変な時代に突入したなと思う。優秀な学生を引き止めておくために、また競争的資金を獲得するために研究がいかに魅力的なのかをあらゆる場所で客観的に伝える努力が必要だ。好きだからと言う主観的な理由だけで研究を自己満足的にやってさえいれば良い時代はとっくに終焉を迎えていると思う。
文系出身としては、理系ってだけでもう凄いなとリスペクトしています。私も頭が良ければ理系に行きたかった...。

最近韓国では理系ブームで、勉強が出来ない子が渋々文系に行くような雰囲気になってしまいました。
これはサムスン・LG・現代など財閥グループを筆頭に殆どの企業採用が理系出身を圧倒的に優先採用するから。

昔は文系が韓国社会を牛耳っていたのですが、もう理系人間に制服されつつあります...(¯―¯٥)
理系人材にとって、"メーカーが魅力的に見えなくなった"のが問題だな。

実力無視の在職年数(老害)が幅を効かせる縦社会、アカデミックとは30年遅れた技術、給料も年功序列、唯一の売りは永久雇用だった筈なのに、近頃はそれすらも磐石ではない。

選ぶ理由がないだろう。

私自身は、色々ありますが、この職について良かったです。生涯を賭けます。

昔、実家に帰った際に、母と散歩をしていたところ、こんなことを話してくれました。

『あの家(駐車場を指差して)の車もね、×××(私が勤めていたメーカー)のに変えたの。さやかが頑張って作ってるんだと思うと、他所の家でも選んでくれたのが嬉しいのよ。』

こんな言葉も聞いたりしますしね。
日本の科学技術力の低下は、就活における外資系ブームよりも、受験における医学部ブームの要因のほうが大きい気がします。
皆さん、国内メーカーの給与水準をご存知ですか?理系院卒でも雀の涙ですよ。しかも今時、ジョブセキュリティもありませんよ。
とりあえず22年ほど前まで理系で半分大学院行くところ、学卒でITコンサルに行った者です。紆余曲折を経て、今は理系大学で理系学生に将来を考えさせる科目の先生です(研究職ではないけど紀要は毎年書いてる)。研究室の先生と10数年ぶりにあった時には、「なんでお前が大学にいるのだ」感出されたものです。人生わからんものです。

人材の会社やっていた時にMIT出身の方のサポートしましたが、外資系証券会社内定していたもののコンサルに進まれました。まあ、理系の方が、ファクト求められる仕事では、強みありますし、今の会社では勢いとかコミュニケーションオンリーというよりも、しっかりとした論理構築大事なんだろうなあ、と思います。文系もそういう風になればいいのにね、と思います。少なくとも経済、経営、マーケとか数字を扱うところではそうならないのだろうか。