新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染拡大に対応するように、検査体制の拡充を行う必要性は言うまでもないことですが、世論や、さらに言えば現場の医師にも検査過信がある事実は(日常的な問題ではありますが)この緊急事態において重大な懸案事項です。

なぜなら、端的に言えば検査の精度に100%はあり得ないからです。特に本検査は、その感度が不十分であることが指摘されています。これの意味するところは、例えば感度が80%の場合、真の感染者10名が検査を受けると、検査陽性となるのは8名に止まり、2名は誤って陰性となり、見逃しが起こるということです。検査を受ける感染者が100名になれば、見逃しは20名に増えます。

仮にこの検査結果だけをもとに、陽性患者は隔離、陰性患者は大丈夫という判断をしていけば、むしろ感染拡大を促進し、事態を悪化するかもしれません。

診断には、症状、感染者への暴露の状況、診察所見、ウィルス検査のみならず胸部の画像検査といった結果の全てが同じように重要で、これらが補完しあって診断確率を限りなく100%に近づけます。検査で全て決まると考えると落とし穴があり、検査数が増えれば増えるほど、間違いが増えます。

診断プロセスにおける検査の立ち位置というのは、現場の医師も、検査を受ける者も、しっかりと理解しておくべきと思います。
キャパを広げることももちろんやけど、大事なのは、

・なんのために
・誰に
・どのタイミングで
検査するか

ではないかと。
陰性であってもなんの免罪符にもならんので、
やみくもに検査しても建設的でないし、医療資源は有限なので、有効に活用すべく指針が必要。
厚生労働省が昨日、検査対象を拡大する方針を発表しました。特に感染者と接触歴がなくても「医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症を疑う」場合には検査可能となったことで、今日から検査する数や、それに伴い検査が陽性となる患者数が右肩上がりに増えてくることが予想されます。

そのことを考慮すると、全国で1日に3800人とはいえ、地域ごとに流行の差があるため流行地域では検査体制が不十分でキャパオーバーになると思われます。メディアでは検査の陽性・陰性をかなり敏感に報道していますが、検査にも偽陰性・偽陽性があるため、あまり検査の結果にとらわれすぎず風邪症状がある場合には仕事を休んでもらう、重症化のきざしがある場合には入院し、状況に応じて隔離するという基本的な対応が引き続き重要です。
良い知らせです。まずは、早期かつ確実に感染者を検出することが重要なので、検査キットの展開と、迅速な検査が感染拡大防止には効果的です。

この記事には、検査時間が書かれていませんが、それが単出されると、更にすばらしいです。感覚的には、今のインフルエンザの検査に近い感じで検査できるようになれば、感染拡大を食い止めることができるでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
検査が迅速にできると拡散を防ぎやすくなります。
拡散防止に一歩前進です。
私のいるフィリピンでは自国で検査できないので結果が出るまでに数日かかります。
余裕ができたら、検査する技術をアジアの国に提供できると良いですね。
軽症者をいちいち隔離してたら重症者の治療ができない。