新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽しみにしていただいた皆様には申し訳ありません。本件は、本イベントの主催である東京大学インクルーシブ工学連携研究機構の機構長の私の一存で決めさせていただきました。

土日の段階ではまだそこまで中止ムードは広がっておりませんでしたし、中止を決めたときには「不要不急の〜」のメッセージも出ていませんでした。

半年近く前から準備しており、費用も発生しています。
政府や大学としての明確なガイドライン、参考になる「前例」がない状態での意思決定で悩みました。

最終的には「参加者本人が免疫力が高い世代であっても、家に高齢・病弱な家族がいたとしてこのイベントに参加するだろうか」「『感染拡大が確実』と言われている状況で、できることはあるか」と自問自答しての判断しました。まだ正解かどうかわかりませんが。
LINE、メルカリが直近のイベント中止を発表。この情勢で大規模イベントを実施するのは、企業にとっても大きなリスクだと思う。そこで集団感染が発生した時のダメージはなにかしら発生するだろう。
明日予定されていたメルカリと東大・川原教授のイベント、楽しみにしてたんです。共同開発中の、膨らませて乗るクルマpoimoや無線給電システム。竹芝のCiP特区や墨田のiUキャンパスで導入しようと思っておりまして。
3.11後の自粛ブームの際は「自粛を自粛」キャンペーンを張りましたが、今回はまだそれができず、苦しいです。
私の周りでもイベントが順次中止に。引きこもりでNFLX、DIS、Primeあたりがブームになりそう。Webinarも増えそうです。
残念だけど、状況を鑑みると、リスクをおかす意味がないから仕方ないですよね。制度がなくても、みんなで勝手にテレワークはじめましょ。
若い企業(と柔軟な研究者等)の判断が早く、古い企業と重たい組織の判断は遅い…という風に見えてしまっているのは気のせいでしょうか。判断を保留している研究会議もあれば、希望者・海外の方だけでもオンライン参加を可能とする学術集会もあるようです。

大手企業の方々は、比較的通常モードの方が多いですかね…skypeとかzoomでもこっちはOKですよ、と逐一伝えても、問題ないですー、みたいな反応ばかり。私自身、電話は苦手、オンライン会議も使い慣れていないし、個室が与えられていない若手なので、そう言われると予定通り面談してしまったりするわけですが…高齢の家族と同居しているわけでもないので、感染予防徹底して対応ですかね。悩ましい。。
外食やホテルでの宴会、企業内でのケータリングなども直前キャンセルが相次いでいます。本来だと繁忙期で利益を稼ぐ3月にもどこまでの影響があるか未知数ですので、経営的にも心配な部分です。
こういう時こそ、落ち着いて、積ん読になっていた
本をしっかり読みたい。
経済への影響もさることながら、イベントを楽しみにしていた人ががっかりしないためにも、早く感染がおさまっていくことを願っています。
まずは、ここ2週間が勝負ではないでしょうか?

そう考えると、2月中と3月の第1週までのイベントを中止、延期することは、正しい判断だと思います。

問題なのは、3月の第2週以降のイベントです。勿論、不急のものは中止、延期で問題ないのですが、経済的なインパクトとのトレードオフも現実的になるのが、その時期ではないでしょうか?

個々の主催者に依存するのではなく、行政でしかるべきガイドラインを出すなどできれば、保険なども適用できそうな気がしますが、どうでしょう?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績