新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Alstom、ますます「鉄道の会社」に。
2015年に電力をGEに売却(2018年に残っていた餅部の売却も完了していたはず)。売上はそれまでの1/4ほどになった(200億ユーロ→57億ユーロ)。その後買収などもして、今は82億ユーロまで戻っている。株価は30ユーロ前後→50ユーロと上がっていて、売却したGEとは好対照。
いっぽうで Bombardierは開発していたCシリーズはAirbus、昔からのCRJは三菱重工にメンテナンスと合わせて売却。リアジェットなどビジネスジェットに集中する形。売上も半分以下に減る。
規模の面で中国勢の台頭、事業面ではモビリティの変革。アルストムがシーメンスとの鉄道事業統合を断念した次の策としてこのディールはもっともだと思います。売り手のボンバルディアはこれで財務改善に。さて日立は次の一手をどうするか。
https://www.alstom.com/press-releases-news/2020/2/acquisition-bombardier-transportation-accelerating-alstoms-strategic
ボンバルディア(Bombardier Inc. [bɔ̃baʁdje] [bɒmˈbɑrdiˌeɪ])は、カナダのケベック州モントリオールを本部とする重工業を主たる業務とするコングロマリット企業。鉄道車両や航空機、スノーモービル等の車両製造から運行制御システム等の保安設備まで幅広く製造しており、鉄道部門では世界最大の生産設備を保有、民間航空機部門では世界第三位。 ウィキペディア

業績

アルストム (フランス語: Alstom [alstɔm]) は、フランスに本拠地を置く多国籍企業で、世界の鉄道車両の2割強のシェアを有している。本社はフランス・パリのルヴァロワ=ペレ。 ウィキペディア

業績