新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シャープの意思決定が速くなりましたね~。
8Kテレビを早々に出したのもシャープでした。

8Kテレビはまだまだ普及しておらず、ソニーによると「80インチ以上でないと8Kの良さは実感できない」とのことです。

しかし、どんどん新しい商品を投入するスピードは、かつてのシャープにはありませんでした。

「試しに使ってみよう」
というユーザー層を取り込めればOKという姿勢なのではないでしょうか?
製造コストも大してかからないでしょうし・・・。
シャープが日本のスマホメーカーの先陣を切れた原因の一つは
2016年に台湾の鴻海(ホンハイ)の傘下に入ったことにありますね

買収当時は企業文化の違いの調整でかなりの苦労をしていましたが、
結果的に良い方に転べばいいですね

あとは値段次第です
国内スマホ市場は年間3000万台でその半分はiPhoneだ。
シャープのシェアは国内組では最大ではあるものの、苦戦は否めない状況。
5G対応や8K対応は売り方としては良い方向ではある。しかし、8K解像度を活かすインフラはまだまだ普及していないギャップがある。こうした中でもエッジの立った製品を市場に提案する姿勢は好ましい。

規模感で世界のスマホメーカーとの埋めがたい差があるところをどう考えるか。
シャープは8Kの液晶テレビを発売済み。
Snapdragon 865から、8K動画の撮影に対応。

シャープはAQUOS senseなど、ミドルレンジ以下のモデルもあり、需要の多いところにも対応している。

これは別ライン。
ハイエンドはとことんハイエンドを追求。
8K動画もシャープのテレビで再生出来る(接続はNFCコネクト?)。
自社製品に8Kテレビがあって、SoCも対応、5Gのイメージも重なる。
8K動画撮影機能が不要かどうかではなく、シャープにとって対応しない理由が少ない。
ここまでの高スペック機能がいるのかどうかは疑問ですがインパクトは凄い!!

「カメラ」としての機能は現状でも十分な所があるので、このスマホを使う意味が出てくると普及するんだろうな、と思います。
5G携帯はすでに中国で普通に並んでますからね、国内初はどこまでインパクトがあるかわかりませんが、シャープが初というのは興味深いですね。液晶ではなくカメラに力を入れているところも。 値段はいくらなのかが気になりますが、ホンハイの傘下になっても「目のつけどころがシャープ」と言っていた時期を盛り返して欲しいですね。
Galaxy S20の購入を検討していましたが、このシャープの新端末も検討したい。

何よりスペックは申し分ない上に、Pro IGZO液晶ディスプレイが魅力。Galaxyは有機ELなので、どうしても焼き付きを気にしながら使わないといけない。Pro IGZOは輝度がかなり高い(前モデルR3の2倍)ようで、有機ELより綺麗に見えるなら最高。

カメラ次第やな。
5Gの初期ラインナップは全て中国製なのかと思ったら、シャープか。数年ぶり?10数年ぶり?にシャープの端末買うことになりそう。
AQUOSユーザーなので気になりますが、手の届く価格であれば使ってみたいです。
相変わらず、スペック勝負…5Gや8Kの顧客提供価値は何なのか?

それを明言できないのに、とにかく高スペック…半導体やPCでの敗北から何も学んでいない…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION)は、日本・大阪府堺市に本社を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7,784 億円

業績