新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前半の内部情報の漏えいはさすがに度を超えている。勝てば官軍負ければ賊軍、にもほどがある。
孫さんならではの目標必達厳しいエクセキューションをもって、成功した時は英雄の逸話として語り、今回のように苦戦局面ではけしからんと評するのは滑稽な程フェアネスに欠けている。内部者もメディアも、批判するなら両方すべき。そしてそうやって叩くならば偉大な経営者は地上からいなくなるだろう。

「(ウィーワークとオヨは)不動産テックというビジネスモデルや若いカリスマ創業者がいることが共通点となっている。」

これは事実と全く反する。WWとオヨは不動産、という共通点はあるがビジネスモデルは異なる。

若いカリスマ創業者が共通点、に至っては笑止千万、それを言うならスタートアップのほぼ全社がそうだ。
魔女狩りの典型であり品位に欠け、害悪ある言論である。

WWの創業者ニーマンの数々の利益相反、モラルハザードな所業と、オヨのリテシュのそれとに、どこに共通点があるのか論じてみればよい、ほとんどないと思う。

オヨの問題は二つ
第一に、金余りによる事業の過度な多角化と急拡大
第二に、急拡大により必要十分なオペレーション精査がなされず、サービスレベルが低下し、不動産オーナーとの対立、揉め事が急増した事。

後者は確かに問題でありインド本国でもスキャンダル化しているが、改善努力も見られる。
前者は論じるまでもなくマクロ全体の傾向であり、それが逆回転をし始めている事は知られる通りである。
日本企業が海外進出をする際、特に最近だとアジア諸国に展開する際に、地場の財閥グループと提携し、「あそこと組めば一気に展開できる」と思っていたのに、別に全社あげて取り組んでくれる訳でもないし、ローカライズの壁もありうまくいかず「あそこはダメだ」と悪態をつくというのは良く見る風景ですが、正にその逆のような風景だったことが良くわかりました。確かに、三大キャリアと国内最大ポータル、最強プロ野球チームを持つ会社と聞けば、日本展開は安泰と思うだろうな、と。
日本市場を分からずに目標が派手過ぎることと、それをソフトバンク側が鵜呑みにして展開した事などが災いして目標に遥かに未達ですか。。よほど特別なウルトラCでもない限りこのままではOYOは難しいでしょうね。
立地が悪いホテルを買い漁って、規模を拡大すればそれら同士で食い合うのはWeWorkよりも明白で、一層タチの悪いフランチャイズモデル。
Oyoが日本で大苦戦という記事。Oyoは個人経営が多くて質のバラつきが激しいインドだから成立するモデル。日本だと難しいから傷が大きくなる前に撤退した方が良い。同じ理由で先進国では難しいだろうから新興国や途上国にフォーカスした方が良いと思う
これはひどい!結論ありきの記事だ。
そもそも壮大な目標持たないベンチャーなんてあるのかよ。
Ouolifeに入居してよかった!っていう入居者の声は無視か?
僕のところに取材にすら来とらんじゃないか。
私はOYOの事業の全体像が見えているわけではないのですが、ホテルもサービスアパートメントも最終的には送客力が鍵で、物件の確保だけでは不十分。ホテルにしろ賃貸にしろユーザーの納得感(物件比較と選択の納得感)が不可避で、この辺りのビジネスモデルのデザインをどう考えてお金を使ってきたのか気になります。課題は、拡大路線の問題(成長への強迫観念)もあるかと思いますが、戦術の磨き込みの方だと感じます。
過程なくして結果はないけど。結果が過程を世に示す。ラブホテルやキャンプ場も含めて置き換えてたすごい未来だってあったかもしれない。だからベンチャー。
流石の蛯原さんの課題指摘。
現在、ステークホルダーを巻き込み、取り組み中です。

拡大、拡大、拡大から
1人1人の顧客、従業員に向き合わんといけん時です。

いま、熊本におり、旅館さんとあってきます。
本当、日本の地方は素敵な所が多い。
「ブルームバーグが取材した二十数人の関係者によれば、日本で拡大路線を進んだオヨは事業パートナーや従業員ともめ、顧客の信頼も傷つけた。ツイッター上には「被害者の会」も結成された。日本だけではなく、インドや中国、米国でも似たような問題を抱えている。孫氏は12日の決算会見で、オヨについて「素晴らしい会社だ」と評価。「一部のホテルのオーナーと意見の食い違いがあると聞いている」とした半面、「今現在もホテル数、メンバー数、宿泊客数は一貫して伸び続けている」とも話した。ソフトバンクGはオヨの社内の問題について孫氏の発言以上のコメントはできない、としている。ただ、適切なコーポレートガバナンス(企業統治)の下、日本で持続可能な形で拡大ができると確信しているとも説明した。」
WeworkとOYOは、全く違う問題ですよね?Bloomberg、酷すぎません?

Weworkは、単にCEOの資質と不動産依存の弱いビジネスモデルが原因。

OYOは、インド市場と日本市場の違いを吸収するだけのリソーセスを充てられなかったことが原因。

個人的な印象ですが、最近のBloombergの記事の一部は、本当に酷く、読むに耐えないものもあることが残念でなりません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
7.80 兆円

業績