新着Pick
326Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleマップだと都内の飲食店などは既にサードパーティと組んで予約が取れるところが多くなってきた。タクシーに関しては、そのレイヤーを誰が担うのか。
Google Mapは、MaaS基盤として強力。

地図から行き方を探して、そこで予約したり、移動中に遅延情報等をもらいたい人は多いと思う。
問題は、JRと私鉄の対応。
時刻表以上の情報(リアルタイムの遅延情報や混雑情報をどこまで提供するか)をいつどのように(提供する場合にいくらで)提供するかが迫られる。

タクシーとバスとカーシャア会社は自分ではMaaSができると思っていない会社が多く、躊躇なくGoogleに協力すると思う。
MaaS (Mobility as a Service)。

Googleマップは、スマホの普及とともに私達の生活を革新的に効率化させましたが、
今後、Googleマップ上で新幹線・航空機のチケット購入等もワンストップでできるようになったら更に便利になりますね!

UBERのように需要が高いエリアにタクシーを配車する機能等は、すぐに実現されるように思います
Whimは注目はされているが、あまり広がっているような報道を見かけない(フィンランドにおいても)。一方Google Mapはそもそも抱えているユーザー数が多い。
決済系を握るという観点でも、交通から入って、そのあとに地図に紐づけてMaaSに限らず色々握っていくことができれば強い。
Googleへのイグジット(会社売却)を目的にMaaSサービスを立ち上げるスタートアップも出てくるかもしれない。

↑これはありうる話だな、と思いました。
現在のカーナビなどの地図精度のレベルでは、完全自動運転は実現できません。現在のカーナビで使っている地図やGPSベースの位置測定では数mの誤差が生じるからです。
完全自動運転を実現するには、車両がどこにいるのか、そして周囲にはどのような形状の物体があるのかを5cm、10cmといった精度で認識する必要があります。完全自動運転の地図データには、道幅や走行車線、制限速度、立体交差などの高精細な3次元データが求められるはずです。
経路検索の時、ここ1年くらいはGoogleマップを使っている。なんせ直感的に使えるし、GPSで現在地も出せるし、色んな交通情報がオールインワンだから。

で、この前「あ、このままMaaSプラットフォームになるんだろうな」と思った。純粋に期待している。
位置情報に関しても欧米各国では個人情報問題でよりもどしが起きているためGoogle一強になる事はないと思います。
優れたMaaSサービスのシステムを構築した企業をGoogleが買収することも考えられる
→これが実現してきたらユーザーとしては便利ですね。PCまで作るぐらいですから、広告以外の新規事業広げがちかも。
Whimの様な移動手段を一括で予約、決済できるMaaSサービス。Google Mapに参入したら、旅行とかだいぶ楽になるんだろうなぁ