新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外からすれば年収1000万円なんて高くないのに、それが目標になってしまっている日本経済自体に貧しさを感じます。
サラリーマンで年収1000万円を超えるのは、勤めている会社次第でしょう。

今だと、大手(三井物産、三菱商事、伊藤忠など)総合商社の総合職なら年収1000万円は、あまり出世できなくても得られるでしょう。

ただ、それが続くとは限りません。

私が長銀から野村投信に転職する際、
「30歳を超えれば年収1000万円超えるのに・・・」
と、直属の支店長代理に言われました。

しかし、30歳を超えて年収1000万円を超えても、その後破綻して持ち株までゼロになってしまった元同期がたくさんいます。

今高給を貰えても、10年後はどうなっているかわかりません。
業種が衰退して会社が危機的状況になっても生きていけるスキルを身につける方が、はるかに有益です。
結局、私も運次第だと思っています。
でも、運も実力のうち。強いて言えば、実力で高収入を実現している人が身近にいるとロールモデルになると思います。
理想は、そういう人がメンターになってくれると良いですよね。
ただ、実力で高収入を実現している人は、人を見る目もシビアなので、あからさまに、それを目的にお近づきになるのはマイナスになるのでやめた方が良いです。

1,000万円は、税負担感が一番辛い収入でもあります。だから、1,000万円を目指すのは止めた方が良いです。
目指すならば、2,000万円を目指して1,000万円は通過点と思った方が良いです、絶対に。

でも、ある程度貯蓄が出来たら、やりたい仕事を出来るのが一番幸せだと思います。
サンフランシスコでは「家族4人、年収1320万円以下」は貧困層らしいですよ。
稼げるパートナーと結婚する。