新着Pick
527Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
facebookはTwitterの10倍のユーザーがいてARPPは2倍。売上は20倍。とても分かり易い。コストはともかくTwitterの成長率はこの辺りが頭打ちですかね。あとはジャック・ドーシーがどうするか?
Facebookは今回26%人を増やし、プライバシー関連に対処するエンジニアが1000人近くいるので、納得できるコスト増加かと。
FB, Twitter, Snapはならんでいますが、企業価値でそれぞれ20と40倍も格差があるので、SNSのWinner takes allという集約と、GAFAとしての強固さが伺えます。
facebookはこの規模でいまだ成長していることも、ARPUの高さも驚きではありますが。
GAFAという並びでみると、Amazonのリアル店舗への展開のみが、ネットビジネス特有の浮き沈みの激しさに対する打ち手に、新規参入組への参入障壁になっているようにも見えます。
コミュニケーションアプリとして社会のインフラになった3社の業績がわかりやすくまとめられています。

成長という経済合理性だけでなく、安全、安心なコミュニケーションインフラとしての役割を、これからはもっと果たさなければならないでしょう。

フェイクメッセージへの対策や、個人の尊厳を守るシステムが企業業績を左右するでしょうね。
「インスタグラム」や「WhatsApp」を含めた、フェイスブック傘下のSNSを1日に一つでも使ったユーザー数は、12%増で、22億6,000万人。2018年に比べて2億3,000万人増えている。Twitterは22%増で1億5,200万人、Snapchatは17%増で2億1,800万人。規模感は圧倒的にFacebookグループ。ただ各社順調に数字を伸ばしている。SNSはWinner takes Allにならない。多くの人が意外に感じるだろう事実。
売上が20倍ほど違う点含めて、日本とグローバルだと、TwitterとFBの差はかなり大きいと感じる。
日本だと可処分時間やユーザーアクティビティだとTwitterの方がFBより多いと思う。もちろん、実名やプロフィールなどによるターゲティングのしやすさの違いはあるかもしれないが、時間を多く過ごすというのは究極的には一番大きいと思う。
facebookは、ここ数年が満月状態で、そこからは欠けていくのでしょうね。
理由がおわかりの方には、同意いただけると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Snapはこの1年で株価は2倍。一時期はもう駄目だと思いましたが見事に復活。このプロセスは本当に見習う事が多い。
fbの売上7.7兆円、twitterの売上3700億円。20倍以上違うのか。知らなかった。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.38 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
54.2 兆円

業績