新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「いきなりステーキ」というブランドにとって、少し悪意のある記事ですね。今回はオーナーがいるため、FC加盟店側の法律違反。運営側のペッパーフードサービスは取締りをした立場になります。
 
この手の問題は氷山の一角なので、各社が取り締まりを行い厳格化したらどれ程の飲食店が人手不足で経営できなくなるのか、、、
むしろ本社のスーパーバイザーが期間をおかずにすぐに発見した点は逆に監査的な視点が働いているとも思えます(もちろん予防のための制度設計の方が重要な点は言わずもがなですが)。
不法就労は、このスキームも含めて、現場判断でなんとでもできるため、現場がそのようなことをしなくて済むインセンティブ設計や制度設計を作らないと絶対になくなりません。例えば本社側でヘルプ人材を派遣できる支援システムを作るなど。それくらい出来なければ拡大してはいけないという意味で、やはり本社の責任が問われるべき事案なのでしょう。
さすが週刊文春!いきなりステーキにとっては、泣きっ面に蜂の最悪のタイミング。ネガティブなニュースがこれだけ続くと、あえていきなりステーキに行こうという消費者も減ってしまいそう
うまく行っている時には、ちやほやされますし、悪いニュースも囁かれません。

逆に、まずくなってくると、こういったことも、ボロボロでてきます。

他人ごとだと思わずに、自分の周りも確認することが大事ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
実態としてこのようなケースは増えているのでしょうね。
オーナーの規約違反になるのでしょうが、コンビニでも飲食店でも本当に就労ビザ持っている人が働いているのかなとおもうことはあります。

にしても、どのようにしてこのような情報を文春は得るのでしょう。すごいタフな取材なのか、不法就労者の売り込みなのか。。いつもリサーチ力は凄いものがあるなと思います。
記事化するタイミングが…文春砲を言われる所以でしょうか…
もちろん不法就労はいけないことだと思いますが、悪循環に陥ってる印象を受けます。いきなりステーキ、好きなので踏ん張って欲しいのですが..
これは飲食業界をはじめとする労働集約型業態すべてにいえること。「いきなり!ステーキ」固有の問題ではないでしょう。直営店ではなくFC店ですし。悪意ある誘導記事です。

決して擁護できませんし本部としてのFC指導責任は問われますけど運営会社のペッパーフードサービスにとっては業績不振のタイミングで弱り目に祟り目というか踏んだり蹴ったりというか。

ここはやはり「一瀬社長ファンクラブ」のメンバーとしてはですね「一瀬社長の直筆メッセージ」で反論なり釈明なり謝罪なり言い訳なり弁解なりをしてくれることをはげしく期待してしまうのでありますよ。

筆書きのこってりとした字体でねっとりと。ぜひおなしゃす*(^o^)/*
株式会社ペッパーフードサービスは、同社が経営するステーキを中心としたレストランチェーンであるペッパーランチをはじめとした外食産業企業で、東京都墨田区に本社を構える。 ウィキペディア
時価総額
86.3 億円

業績