新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
工場で働く人も大変ですが、この決断をしなくてはならない人も大変です。いつまで休めば収まるとわからないだけに、どうしようもないのでしょうね。
ウイルスに感染すれば2%の確率で死に至りますが、食べれなかったら100%死んでしまうと中国で言われているそうです。
世界に対する中国共産党の悪意と脅威を鑑みると、中国はこの機に世界のサプラチェーンから外してしまった方が良いと個人的には考えています。
一方、中国国民には罪はないと言う観点から言うと、どうせ生産再開するのなら、被感染者がいても他の社員に感染しないような装備とかを取り入れて生産開始する事ができたら画期的だとは思う。
ただし、安全性に絶対の自信が持てないのであれば日本人は帰国させるべきだと思う。経営責任者の決断としてはね。
製造業に関わっている方々であれば、1日ラインを停止することの経済的損失の巨大さをご存知だと思います。

今回の新型肺炎による経済的損失は、間違いなく世界経済に大きなインパクトを与えるだけでなく、日本経済も直撃するでしょう。

中国に部品を依存する日系中小企業の手当をしないと、大規模な倒産の連鎖が発生することは間違いありません。

政府の腕の見せ所だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
気になるのが、経済対策です。とくに中小企業について。
大地震や巨大台風による被害に比べて、目に見えにくいが、長引くリスクが高い。しかもグローバルに広がりつつあるので厄介です。

こうした時に真っ先に大きな影響を被るのが中小企業です。政府系金融機関を中心に、迅速でしっかりした対応策が求められます。
大丈夫なように、働くためのルールなど決めているんだと思います。
どうしているのか、知りたいですね。日本企業にとっても、それは感心事項だと思います。
新型肺炎で操業が停止していたトヨタの中国各地にある工場ですが「広東省広州市、吉林省長春市の各工場を17日、天津市の工場を18日に再開する。いずれも当面は生産台数を半分程度に抑える。四川省成都市の工場は24日以降の再開を目指す」そうです。
まだ新型コロナウイルスが拡散しつつあるのに、トヨタが中国の3工場を17日以降、操業再開するという記事。中国の新型コロナウイルス感染の実態を分析し、中国でのこれからの事業を考えた上で操業再開という賭けに出たのだろう。様々な艱難辛苦に直面しても、それを乗り越えてきたトヨタの判断を信じたい。
ウイルス拡散防止も重要だが、これ以上の経済への影響も厳しい。
日本のなかでのコロナへの警戒感は上がってきている印象だが、一方で中国は工場再開など正常化の方向へ。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
21.3 兆円

業績