新着Pick
157Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食品廃棄と同じく、調理油の廃棄も事業者にとっては大きな負担となっています。新しいリサイクル技術の開発段階で、現状の処分方法よりも安く処分できる、ましてや処分費を支払わずに有価売却できるようになる可能性がある、といったものは少ないので、ニッチではありますが今後に期待します。

なお、日本マクドナルドでは現在、主に鶏の配合飼料としてリサイクルしており(リサイクル率ほぼ100%)、海外ではバイオディ―ゼルへのリサイクルなどがあるようです。
このような素晴らしい取り組みに水を指すのもどうかと思いますが、

「高解像度の光造形3Dプリンタ用の樹脂は、1リットルあたり500ドル(約5万5000円)以上することもあるそうですが、このリサイクル樹脂は1トン(!)あたり300ドル(約3万3000円)くらいでできるかも、とのことです。」
について。

これ、一方は販売価格、他方は製造コストで議論していませんでしょうか?販売網にのせたり、在庫を管理したり、営業マンがついたり、コストはかなり膨らみます。私が無知を晒しているだけならいいのですが、「コンビニに売っているお茶は150円、ところがこの飲み物は3円でできるのです!」と言っているというようなことがないか、心配です。
大切な事は、トータルのエコを考える事だと思う。
即ち、プリントに必要な電力や、その他の項目も
考慮すべきであり、印象だけで考えるべきではない。

なので、世の中にどうしても必要な物を、それを作成
するエネルギーも含めて比較して考えて、エコを示せれば
素晴らしいと思う。

批判では無い、上記の項目を判断出来る情報ほこの記事
では分からなかっただけである。
あと、一歩。「こんなことができる(技術)」ではなく「こういった感じで使える(市場)」を提案できれば、一気にバズると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
弊社でも出来ることから始まっています
-----
ミールキット「Kit Oisix」全品の外袋を植物由来プラに変更 年間で13トンのCO2排出量を削減し、環境に配慮
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000394.000008895.html
サーキュラーエコノミー
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
7,619 億円

業績